FC2ブログ

学祭中、文連書記長・山本一如君の入構チェックをするガードマン

法政大学 学生運動
10 /31 2014
ナンセンス!


スポンサーサイト



学祭中も法大当局が業務妨害看板を出して弾圧!

法政大学 学生運動
10 /31 2014


さらに警察に通報







警察に守られる法大当局





ちなみに今年の学祭も完全禁酒。



学祭中も工事で大音量を撒き散らしながら何が業務妨害だ!

まさしくこの法大の姿こそ「大学の戦争協力」そのものだ!

安倍戦争政治の先兵・法大田中優子体制打倒し、大学の戦争協力を阻止しよう!

安倍打倒の11・2労働者集会へ!

本日より自主法政祭!

法政大学 学生運動
10 /31 2014

11月2日の労働者集会に 集まろう!(神奈川大でまかれているビラ)

法政大学 学生運動
10 /31 2014

1ヶ月に渡る工事の末、本日いよいよ外濠門完成!

法政大学 学生運動
10 /29 2014


どう見てもショボい!

労働組合・学生自治会の力で安倍たおそう! 11/2日比谷へ!

法政大学 学生運動
10 /29 2014

「学問の自由」が危ない! 安倍政権の“軍学共同”で大学が戦争推進の拠点に

法政大学 学生運動
10 /28 2014

田中優子総長がテレビ番組で「内部告発は大事」と発言。

法政大学 学生運動
10 /27 2014
まずはこれを見てほしい。
http://www.hosei.ac.jp/gaiyo/socho/NEWS/141020.html
法大当局はホームページで、「田中優子総長が、テレビ東京『ニュースモーニングサテライト』に出演します」と宣伝している。


その動画がこれだ!
http://www.tv-tokyo.co.jp/mv/nms/bookmark/post_77181/



田中総長は自身の「お勧めの本」として、「暴露 スノーデンが私に託したファイル」(グレン・グリーンウォルド著)を紹介。







田中総長はこの本を「ビジネスに役立つ」と紹介している。


まさに「ビジネス左翼」



そして、最も許しがたいのが、以下の発言だ。

「大学の中で職員が内部告発をしたとする。それを想像した場合」


「私はその人に会って内容を聞き、乗り越えられる問題であれば実行する」




「そういう意味では大学にとって内部告発者は大事な存在だと思っている」


「内部告発があったら会って話を聞く」だと!?「内部告発者は大事な存在」だと!?ふざけるのもいい加減にしろ!!
田中優子は、8年間で126名の学生が警察に逮捕されても一切見て見ぬふりをしてきた。今年4月の総長就任以降も、文化連盟の申入書をすべて受け取り拒絶し、挙句の果てには文連委員長・武田雄飛丸君を警察に売り渡したではないか!




さらに田中総長は、学生に偉そうに説教をしている。


「本当の自由というのは自分がこれだと思ったときにその行動をとること」


↑実際、原発御用学者に抗議をした武田君は弾圧教授に暴力的に排除され、「無期停学」の処分を受けた。


何が「自由と進歩」だ!!


最も「信念」を投げ捨てているのがお前だ!田中優子!


「自分の生き方だというものを持つことによって」


↑「無期停学」処分を受けても屈せず、生き方をかけて声をあげてきた武田君を警察に売り渡したのは田中優子総長だ。


「それが自由感や自立につながっていくと思う」


↑デモを呼びかけたらキャンパスを封鎖する。キャンパスを私物化し、学生の自由を奪っているのはお前だ!!


「そういう学生生活を送ることで」


「仕事の現場で自ら決断していくことができるようになると思う」


↑文字通りの暴力支配で学生の尊厳を破壊しているのが法大・田中総長だ!


「自分が自分でありながら人間関係を作っていく強さ」


↑「文化連盟と関わるな」など、学生同士の人間関係を破壊してきたのが法大・田中総長だ!


「組織の中で生きるとはどういうことかを考えてほしい」


おい、田中優子総長!よく聞け!
大学の主人公は学生だ。田中総長や理事会の私物ではない。

「リベラル」を売りにする一方で、学生を弾圧する。
こういう連中こそが、大学を腐らせてきた元凶だ!

戦争を大学から止めるために、安倍の先兵=田中優子総長を法大生ー全国学生の力でぶっ飛ばそう!



10・21国際反戦デー写真集

法政大学 学生運動
10 /27 2014
法大デモ



























新橋ー国会デモ













渋谷デモ


















安倍をたおす日!それが11/2だ!

法政大学 学生運動
10 /27 2014

武田雄飛丸君の無罪&処分撤回勝ちとろう! 11月5日、7日は東京地裁へ

法政大学 学生運動
10 /26 2014


◆11月5日(水)午後1時30分~
「不当処分撤回」裁判
@東京地裁 705号法廷
○証人尋問 
鈴木靖(国際文化学部元学部長、武田処分の下手人)
浅野広人(総務部庶務課長、学生弾圧の現場責任者)
宮崎伸光(学生センター長、学生弾圧の総責任者)

◆11月7日(金)午後1時30分~
「暴行」でっちあげ弾圧裁判
@東京地裁 429号法廷
○証人尋問
佛坂公子(法政大学職員・自称「被害者」)
幸野広作(同上)

※傍聴券の抽選があります。傍聴希望の方は、12時45分までに地裁に来てください。

10・21代々木公園での齋藤郁真全学連委員長アピール

法政大学 学生運動
10 /22 2014


 どうもみなさん、お疲れ様です。学生のみなさん、本日は一日の行動ありがとうございます。そして労働者・市民のみなさん、共に行動を打ち抜けることを本当にうれしく思います。

 本日、10月21日は71年前には明治神宮外苑前から10万人を超える学生が、学徒出陣でふざけた戦争に送り込まれた本当に許せない、悲しい日です。しかし今から48年前の今日は、全世界に希望を示した日です。ベトナム戦争に反対し、労働組合を中心にして、210万人がゼネラルストライキに突入し、それが全世界に広がって広がって、アメリカの学生は徴兵カードを焼き捨て、沖縄の基地の労働者は基地の中からのストライキで空爆を阻止し、それがベトナムの民衆を勇気づけて、「世界最強」といわれた米軍を戦争遂行不可能に追い込み、ベトナム戦争を止めた。そういう日が本日、10月21日です。私たちは、歴史の転換点にきているこの時代に、こういう行動を学生と労働者が共に打ち抜くことができる、ここに本当に大きな意味があると思います。

 今、アメリカは、イラク・シリアへの侵略戦争を本格的に開始しました。集団的自衛権を掲げて、「イラクから要請があった」といって40カ国の「有志連合」でもって、イラク・シリアへの空爆を繰り返しています。みなさん、私たちは歴史の教科書で「国連があるから戦争が二度と大戦争は起きない」、こういうふうに教えられてきました。でも今、40カ国の「有志連合」は「自衛権」を語れば、世界の他の国々に空爆してもいい、こんなことが現に目の前でやられているじゃないですか! こんなことを許していいんでしょうか! そもそも、あの「イスラム国」という国を生み出したのも、今空爆をしている40カ国の「有志連合」の側です。「イスラム国」に武器を渡したのはアメリカです。イラクに戦争を行い、油田の権益を奪い、シーア派を徹底的に優遇する一方でスンニ派には油田の開発権をすべて禁止してきた。こういう形で、経済的に宗派対立を煽ってきたのはアメリカの側です。その結果、中東支配が破産して、武器がアメリカに向けられた。今起きてることはたったそれだけのことです。これに対して空爆を行う、これが「自衛」なんですか!ただの侵略に決まってるじゃないですか!

 そしてこの戦争に安倍政権が「有志連合」の一角として参戦する、こういうことを言っています。少し前、イスラエルがパレスチナに空爆を行ったとき、日本の三菱重工がアメリカのレイセオン社という軍需会社を経由して、ミサイル部品を売りつけ、それがパレスチナの空爆に使われたといわれています。これからますます同じことが進もうとしていると思います。「日米安保ガイドライン」の改定をもって、安倍政権は平常時も、そして緊急時も「自衛権」を主張すれば、「地球の裏側」まで自衛隊を派遣することができる「シームレス(切れ目のない)な日米安保体制」をつくると言っています。憲法9条に示された内容は、これをもって完全になくなろうとしている。私たちは、先輩たちから受け継いだ日本の歴史を守り抜くためにも絶対にこんなことを許すわけにはいかない。そのためには私たち自身の行動で絶対に粉砕しなくちゃいけない。そう思います。

 その最大の焦点は私たちの日常の現場です。労働者であれば職場であり、学生であれば自分たちのキャンパスです。今、学徒出陣は「経済的徴兵制」という形で行われようとしています。「奨学金を返済できなくなった学生は、待っていてもいい就職はできないから、自衛隊に二年間インターンシップにいけ。防衛省はやってもいいといっている」、こういうことを日本学生支援機構、つまり奨学金を貸している当の組織の政策企画委員が文科省の会議で言っているわけです。「カネが払えないなら、お前の命で払え」と、学生に対してこの国は言っている。私たちはこんな国のために死んではならないし、そのようなことを大学が迫るのであれば、今の大学の体制そのものをぶっ潰さなければいけない。生きるために、声をあげるために、私たち自身の行動でひっくり返さなくちゃいけない。外へ向かっての戦争と内へ向かっての貧困は、「経済的徴兵制」によく示されるように、完全に一つの問題として表れています。戦争と貧困は一つの問題としてつながっています。国鉄分割・民営化以来、労働者に対して徹底的な賃下げ、外注化・非正規職化、労働条件が切り下げられるのと一体で、大学においては学費は上がり続け、学生は貧困に落しこめられてきました。そして、まさしく法政大学のあり方によく表れているように、大学の中では学生自治が破壊され、自由にビラをまくこと一つできなくなってきた。労働者が叩き込まれてきた現実と、私たち学生が叩き込まれてきた現実、それは結局一つの問題で、私たちを戦争に動員するために、数十年にわたって続けられてきた政策の結果だということです。

 だから今必要なことは、私たちが自分たちの現場から闘う力を甦らせなくちゃいけない。学生は学生自治会を再建に、徹底的に挑戦します。闘う労働運動と連帯して、11月2日の労働者総決起集会を成功させ、学生自治会と労働組合、この二つの力で社会を取り戻すための闘いを! 団結して行動していくための力を、共に取り戻していきましょう! 12月6日の国会デモにもう一度全学連は立ちます。今日の行動を持ち帰って、自分たちのキャンパスからもっともっと多くの学生を組織し、学生自治会を甦らせ、安倍政権を打倒する。この闘いに挑戦したいと思います。
 さきほどから言われているように、もはや安倍政権はグラグラです。まともに政治をやることすらできない。その程度の閣僚しか彼にはもういない。これは今の日本帝国主義のまぎれもない真実の姿です。私たちの行動で、必ず倒すことはできます! 本日のデモを力強く打ち抜いて、共に今日の10・21国際反戦デーを世界に轟く闘いにしていきましょう!そして全世界の反戦運動と共に、戦争を本当にとめる行動を、歴史を変える闘いを共につくりだしていきましょう! ありがとうございました。

新しいボードを作りました!

法政大学 学生運動
10 /22 2014
11・2日比谷野音へ!


10/21国際反戦デー闘争大高揚!! 次は11・2日比谷だ!

法政大学 学生運動
10 /22 2014

世界の労働者と団結し、戦争と民営化の道を許すな!

今こそ闘う労働組合を全国の職場に!

11・2全国労働者総決起集会

11月2日(日) 正午 東京・日比谷野外音楽堂
【呼びかけ】全日本建設運輸連帯労働組合関西地区生コン支部、全国金属機械労働組合港合同、国鉄千葉動力車労働組合

10・21武田雄飛丸文化連盟委員長の法大門前アピール

法政大学 学生運動
10 /22 2014




 みなさん。法大当局は本日の我々のデモを危険団体や学外団体による示威行動、迷惑行為なんてことを言っていますが、そんなものはデタラメです。ぜひ一人でも多く我々のデモに参加して頂ければと思います。目の前を見て下さい。醜い弾圧職員と、金もらって動員された教授どもが学生の監視・弾圧に来ています。こういう弾圧があるのは事実です。もし参加できなくても是非注目してほしい。周りから見てほしいと思います。
 本日のデモは10・21国際反戦デー法大デモです。 我々が本日のデモで掲げているのは、処分撤回・新自由主義大学粉砕であり、大学の戦争協力阻止です。
 いま私たちの過ごしているキャンパス、私たちの過ごしている日常の空間こそが最も問われています。安倍政権の成長戦略の中軸に位置しているのが大学改革です。安倍の戦争政治の中心にあるのが大学です。
 いま大学で、たとえば文科省の有識者会議では、奨学金を滞納している学生、就職が困難な学生に対し、1~2年間防衛省、つまり自衛隊にインターンシップに行け、こういうアメリカなどですでに行われている経済徴兵制の導入が企まれています。しかもこれを提言しているのは、奨学金支援機構の人間です。みなさんに奨学金を貸し与えている人間が、それでビジネスをして、返せなくなった人間には自衛隊に行けなんてほざいているわけです。また最近新聞にも出ていましたが、防衛省が新たな基金を創設して、大学との共同研究をよりいっそう進めていく。東大に軍事研究の協力を仰ぐ。こういうことが起きています。
 そんな中、あらゆる大学で学生がこのままではいけない、大学ではビラまきや集会が一つもできない。こんなのでいいのか。そういう声が日増しに大きくなっています。しかし法政大学の田中優子総長に代表される、いわゆるリベラルな大学人、知識人は、この有様を見たらわかるように、口先で安倍反対や戦争反対、秘密保護法反対を掲げても、自らの大学で学生が主体的に決起すること、これを公安・国家権力と一体となって弾圧しているではありませんか。
 私は今年の5月にここ法政大学において、公安警察に逮捕されました。そして8月に保釈を勝ち取りました。これまでに法政大学では8年半の間にのべ126名の学生が逮捕されています。法政大学では田中優子総長が秘密保護法反対、原発反対、大学はもっと自由であるべきだ、学生はもっとデモに出るべきだなんてことをほざいていますが、現実はどうでしょうか。この間、文学部の授業で文化連盟のネガティブキャンペーンをはり、絶対にデモに参加するなという許し難い恫喝が学生に行われていることが明らかになっています。また、まったく目的不明の工事がデモ期間にあわせて外濠校舎で開始されています。そもそも法政大学自体がいま巨大な工事現場になっていますが、誰が納得したんですか。学内でビラまきや集会ひとつできない。知らない間に工事が行われている。夜間部が解体されている。学費が値上げされている。こういう現実を放っておいて、私たちは学生がデモに出ることも立ち上がることも不可能だと思っています。だからこそこのキャンパスで、規制、工事、ありとあらゆる学生を縛る理不尽な現実を学生の団結の力で突破していこうではありませんか。
 いま7・1集団的自衛権行使容認閣議決定のもとで、大学こそが問われています。安倍政権は国連安保理決議すら経ない、アメリカ主導の有志連合に資金提供をして、事実上の参戦国となっています。来春、関連法案が制定されれば、ただちに自衛隊が実際にイラク・シリアの地に侵略に向かう可能性が出ています。
 また、今年末に改定される日米安保ガイドラインの中間報告では、これまで周辺事態と言っていた日米安保の用件が、周辺概念を削除して無制約に米軍と共に世界中、地球の裏側まで戦争できる、そのような法整備が行われようとしています。そんなときに、たとえ大学で、口先で戦争反対を言っていても、学生が戦争反対の声をあげること、大学を変えようと声をあげること、これを弾圧するような教授は口先で何を言っていても、戦争協力と同じです。
 この間、田中優子は恥知らずにも文科省によってスーパーグローバル大学に選ばれたことを自慢しています。スーパーグローバル大学とは、安倍が大学改革の目的で言っているように、日本が大国間の競争で追いつめられ、激突がイラクやシリア、ウクライナで見られるように軍事化していく中で、大学自治を解体して一切を資本家や産業の利益にあわせよう、挙国一致で日本ブルジョアジーを救おう。これがスーパーグローバル大学の中身です。
 その中身はまったくグローバルでも何でもありません。田中優子総長がやっていることは何か。「大学改革反対、安倍の戦争政治粉砕、大学は学生が主人公だ。」こう掲げている学生を弾圧し続け、挙げ句の果てには公安警察に売り渡し、その功績を買われて文科省から金をもらっている。1億5000万円から最大4億円もの巨額の資金が国から法政大学に与えられるわけです。もちろんこうやって、与えられた金は一銭たりとも学生には還元されません。
 田中優子が掲げている国際競争力強化、グローバル人材育成なる文言は、私たちにとって何の得にもなりません。グローバル人材の中身とは、一方で途上国並みの賃金や雇用条件で働けと言うこと、もう一方でブルジョアジー、安倍政権の先兵となって戦争政治の手先になれと言うことです。こんな大学のあり方を絶対に許せません。
 戦争はある日突然始まるのではありません。私たちは大学の戦争協力反対を掲げています。まだ戦争が始まって無いじゃないか。どこに戦争協力があるんだ。そう仰る方も多いと思います。しかし先ほどから述べてるとおり、経済徴兵制の導入が図られ、防衛省により大学との軍事協力、技術研究協力が大幅に推し進められようとしている。
 そして何よりも安倍政権自体、現実に集団的自衛権を解釈改憲して、侵略にのめりこもうとしている。是非みなさんに訴えたい。私たちが掲げている飲酒規制反対、処分撤回、学内の様々な規制に反対する一方、関係ないかのような大きなスローガンを掲げているように見えるかもしれません。しかし職場や学園で学生や労働者がどれだけ主体的に、自由に行動できるかが私たちの社会の未来を決めます。
 戦前もそうでした。30年代半ばまで学生運動は盛んに闘われていました。しかし京都学連事件を契機に、次々と学生運動が弾圧されていくようになる。法政大学でも1943年あたりまで、戦争を批判する新聞が何と法大生の手によって作られていました。しかしそれが最終的に当局によって廃刊に追い込まれ、そして最初の神風特攻隊の隊員が法政大学から出るはめになる。僕の処分をした国際文化学部長・鈴木靖は言っていました。「法政大学は戦争協力の過ちを絶対に繰り返さない」「神風第一号を出したのは法政だ」「私たちも戦争に反対なんだ」この法政大学の姿のどこが戦争反対なんですか。どこに学生の権利や自由を守ろうという姿勢があるんですか。
 みなさん。是非このデモに結集してほしい。もしくは見に来てほしい。教授の言うことを聞く必要なんてありません。みなさん知ってますか。教授は3万円の弾圧手当をもらって弾圧に参加しているんです。正真正銘のクズどもです。こんな奴らに従う必要はない。私たちと一緒にデモに出ようではありませんか。よろしくお願いします。

結集は320名!

法政大学 学生運動
10 /21 2014
団結してガンバロー!



11・2労働者集会へ大結集を!

渋谷デモ中

法政大学 学生運動
10 /21 2014





渋谷スクランブル交差点デモ!

法政大学 学生運動
10 /21 2014





沿道も圧倒的注目!

法政大学 学生運動
10 /21 2014

渋谷デモ出発!

法政大学 学生運動
10 /21 2014



鈴木達夫弁護士アピール

法政大学 学生運動
10 /21 2014



神奈川大1年・吉田君よりカンパアピール

法政大学 学生運動
10 /21 2014



天下無双の首広連アピール!

法政大学 学生運動
10 /21 2014



星野昭子さんアピール

法政大学 学生運動
10 /21 2014



代々木公園でシュプレヒコール

法政大学 学生運動
10 /21 2014

斎藤全学連委員長アピール

法政大学 学生運動
10 /21 2014



動労千葉・川崎執行委員アピール

法政大学 学生運動
10 /21 2014



代々木公園で集会開始!

法政大学 学生運動
10 /21 2014




東北大学学生自治会委員長・青野君アピール



東北大学学生自治会副委員長・沢田君アピール




国会デモ終了!

法政大学 学生運動
10 /21 2014




このあと18時半より渋谷デモです

国会議事堂がみえてきました

法政大学 学生運動
10 /21 2014

3・14法大弾圧を許さない法大生の会

FC2ブログへようこそ!