FC2ブログ

「法政大学5・13弾圧」に抗議し、武田雄飛丸君の即時釈放を求める署名

法政大学 学生運動
07 /31 2014
一人用

雄飛丸奪還署名用紙(1人メッセージ)

5人用

雄飛丸奪還署名用紙(5人・メッセージなし)
スポンサーサイト



武田雄飛丸君奪還声明

法政大学 学生運動
07 /28 2014
無題

最後に団結ガンバローとインターナショナル斉唱

法政大学 学生運動
07 /27 2014



斎藤全学連委員長アピール

法政大学 学生運動
07 /27 2014

7・27革共同集会始まりました!

法政大学 学生運動
07 /27 2014
司会は文連・洞口さんと無罪の新井さんです


【速報】A君を奪還!!

法政大学 学生運動
07 /25 2014
大勝利!

A君・武田君奪還! 法大で情宣

法政大学 学生運動
07 /25 2014




明日はA君の勾留満期です。

絶対に奪還するぞ!

「WE SPEAK OUT!! 学生逮捕とヘイトスピーチに抗議するデモ IN早稲田~高田馬場」打ち抜く!

法政大学 学生運動
07 /22 2014
結集は80名でした。















A君が不当勾留されている戸塚警察署にシュプレヒコール






A君をただちに取り戻すぞ!

海の日は早稲田でデモ! A君釈放へみんな集まれ!!

法政大学 学生運動
07 /20 2014
共同運営実験スペースりべるたんより転載

7月21日、海の日に救援会呼びかけでデモを開催します。

本デモでは、A君が逮捕されるきっかけとなった差別デモにおいて標的とされていた早稲田奉仕園をスタートさせて頂き、早稲田大学を通り、今もなおA君が勾留されている戸塚署前を通過します。本弾圧の重要な要素を内包するデモルートになるかと思います。7月21日この日を、弾圧と差別との力関係を変えられるような日にしましょう。

皆様ぜひ結集よろしくお願いします。
以下が呼びかけ文です。



<WE SPEAK OUT!! 学生逮捕とヘイトスピーチに抗議するデモ IN早稲田~高田馬場 呼びかけ>
去る7月6日、「反日勢力の巣窟」を「粉砕」するという目的のもと、早稲田奉仕園を標的にしたヘイト・デモが高田馬場-早稲田で行われた。

早稲田奉仕園といえば、早大サークル御用達、学生や市井の人々が日夜活発に活動を行う公共空間である。それがやれ「反日勢力」??「粉砕」される対象??ちゃんちゃらおかしい!!!
あまりに論理的、そして倫理的にひどいこのヘイト・デモに対し、早大生はもちろん、多くの人々がカウンターとしてかけつけた。
抗議のコール!
トランジスタ・メガホンのハウリング!
果てはフライパンを叩く音!
それらが渾然一体となって醜悪なデモ隊のコールをかき消した!

のだったが。

この抗議行動の最中、一人の学生が逮捕された。彼を、親しみを込めてAくんとしよう。Aくんはヘイト・デモへのカウンター勢として参加し、卑劣なヘイトの声に対する「否!!」を叫び続け気を吐き続けていた。その時、車道のデモ隊の一人のメガホンと、歩道のAくんのメガホンがぶつかった。なんてことのないデモの一場面。しかし、このあまりに些細な「衝突」を理由に、Aくんは罪状「傷害罪」で逮捕されてしまったのだ。

その時、車道のデモ隊の一人のメガホンと、歩道のAくんのメガホンがぶつかった。なんてことのないデモの一場面。しかし、このあまりに些細な「衝突」を理由に、Aくんは暴行の現行犯で逮捕されてしまった。

なんということか!

その後、Aくんの罪状は、相手に「全治二日」の怪我を負わせたということで傷害罪に変更、勾留も延長され、今もって彼は拘束され続けている

これは不当逮捕だ。

彼が何をした。それはこの世界の多様性の守護だ。
彼が何をした。それは誰もが有する生存の権利の防衛だ。
彼が何をした。それは、多様な人々がたくましく生きる早稲田、その圧倒的な肯定だ。

彼が逮捕される所以などありはしないのだ。

私たちは彼を絶対的に支持する。この世界で生きる者として、そして、早稲田に愛着を持つ者として、ヘイトスピーチに異を唱える者として!

その想い……Aくんへの強い共感、多様性への共感、圧倒的に不当な逮捕への「否!!」……を表明するために、7/21(月・休日)の昼、早稲田の地で叫ぼうと思う。それに際して、皆さんによびかけたい。7/21、早稲田奉仕園に集おう!昼休み中の早大生も大隈講堂前からデモに飛び込もう!

そして、共に訴えよう。多様性を否定する暴挙……差別への否を!Aくんの不当逮捕への否を!

<デモの詳細(若干の変更可能性あり)>
12:00 集合 日本キリスト教会館(早稲田奉仕園)6AB会議室
    出発前集会
12:15 出発地点移動
12:30 デモ出発
12:35-13:00 早稲田大学周辺を行進
14:00 デモゴール地点 解散
※まずは会議室にお集まり下さい。
※早稲田大学周辺を昼休み中に通過。大学付近から途中参加大歓迎!特に3限のない早大生はデモへ直行だ!
※ヘイトスピーチ反対やA君釈放を訴えるプラカード・横断幕等歓迎。
早稲田奉仕園周辺のマップ↓
http://www.hoshien.or.jp/map/map.html



【デモルート】ヘイトスピーチが通った道の逆、早稲田から高田馬場に向かいます!カウンタールートです!
日本キリスト教会館(6AB会議室)集合→デモ出発地点へ移動→早稲田通り→東西線早稲田駅方向→早稲田中学・高校裏を直進→大隈講堂脇通過→南門通り→交差点を右折し、早稲田通りを道なりに→途中で右折し、住宅街を通り新目白通りへ→新目白通りを左折し、A君が勾留されている戸塚警察署前→再び早稲田通り→神田川沿いの広場で解散

【注意事項】
※出発地周辺では別のイベントも行われていることを考慮して、デモ参加者の方は早稲田奉仕園の教会側には立ち入らないようにしてください。
※住宅地やイベントを考慮してシュプレヒコールは早稲田通りに出てからとなります。

A君奪還!勾留理由開示公判うち抜かれる。

法政大学 学生運動
07 /20 2014
7・6早稲田カウンター学生弾圧で不当に逮捕されたA君の勾留理由開示公判が18日に東京地裁で行われました。

始まる前に首都圏の学生が地裁に向かって怒りのアピール!







裁判所内は異様な警備体制がしかれる中、A君は元気に出廷。裁判所でも完全黙秘で意気軒昂と闘い抜きました。

開示公判は裁判長が全く答えないデタラメなものでした。これに対して傍聴席から怒りの声がガンガンあがり、7人に裁判長は退廷命令を下しました。ナンセンス!
暴力廷吏によって引きずられながら7人が退廷させられる様は、まさに在特会と国家権力・裁判所が完全に一体であることを示しています。

A君奪還へ!
7/21のA君奪還デモに大結集しよう!

【速報】A君勾留延長決定、明日勾留理由開示公判へ‼︎

法政大学 学生運動
07 /17 2014
以下、共同運営実験スペースりべるたんより転載


釈放か、勾留延長か、彼の帰還を心待ちにしていた救援会一同であるが、悲しくまた許しがたい報告が届けられた。

先ほどA君の勾留延長が決定。これで彼は最長23日間を留置所の中で過ごすことになった。


「全治二日ってなに」「なんで勾留を延長できるの」とわからないことだらけであるが、明日その理由が開かれた場で説明される勾留理由開示公判が開催される。

なお、ここが勾留期間中にA君に会うことができる唯一の機会ともなる。ぜひ、一人でも多くの人に駆けつけてもらってA君を励ますとともに、この弾圧の不当性を目撃してほしい。

明日の16時から東京地裁430法廷である。



救援会一同、A君の釈放まで救援会はより一層尽力します。今後もご支援・ご協力の程、よろしくお願いします。

武田雄飛丸文連委員長の法大「暴行」でっち上げ裁判第一回公判に集まろう!

法政大学 学生運動
07 /17 2014
第一回公判が決まりました。
 法廷を埋め尽くす大結集で、武田君をとりもどそう!!

8月13日(水)13:30~
東京地裁にて

※傍聴券配布のため30分前に裁判所脇に集まって下さい

武田君奪還のぼりも出来ました!


東北大キャンパスで反戦集会打ち抜く!

法政大学 学生運動
07 /15 2014
本日15日、東北大キャンパスで、学生自治会主催で「集団的自衛権行使容認弾劾! 安倍たおせ!」の反戦集会をうち抜きました!

シュプレヒコール!




川戸副委員長!



沢田副委員長!



坂野全学連書記長!



青野委員長!





集会宣言!



最後に執行部3人から、獄中の武田君とA君に檄!!


本日、三里塚緊急現地闘争やりました!

法政大学 学生運動
07 /13 2014


司会は反対同盟の萩原富夫さんです。





反対同盟・市東孝雄さんアピール





斎藤全学連委員長アピール





団結ガンバロー



デモ出発!













デモ終了



団結ガンバロー


学祭規制粉砕!文化連盟が全説に参加するサークルへアピール

法政大学 学生運動
07 /11 2014
文連書記長・山本君アピール





弾圧職員



7・9法大デモ貫徹!安倍政権に大学から怒りの声を!

法政大学 学生運動
07 /11 2014

7.6早稲田カウンター学生弾圧救援会声明 を転載します

法政大学 学生運動
07 /10 2014
以下「共同運営実験スペース りべるたん」より転載

既にご存知の方も多いかと思いますが、7月6日にりべるたんの仲間(以下A君)が公安警察によって不当逮捕されました。本件においては、早稲田学生有志様と連携して、A君奪還の日まで断固として戦い続けます。以下に本件の経緯と方針等を記した声明文を公開します。

7.6早稲田カウンター学生弾圧救援会声明


7.6早稲田カウンター学生弾圧救援会
共同運営実験スペース りべるたん・早稲田学生有志


7月6日、早稲田で行われた「第二回 朝鮮カルト組織犯罪撲滅デモIN高田馬場~早稲田」というレイシズムデモのカウンター行動において、私たちの同志であるA君という学生が不当逮捕されました。共同運営実験スペースりべるたん及び「早稲田学生有志」は本弾圧に対し7.6早稲田カウンター学生弾圧救援会を結成し、抗議行動及び救援活動をA君奪還まで展開します。本弾圧に対する声明をここに表明します。

本弾圧の経緯

今回のカウンター行動は、民主主義の名の下でレイシズムによるヘイトスピーチを許してはならない、「人種のるつぼ」である早稲田の街に排外主義集団を通してはいけないという思いから、早稲田大学の学生数人が中心となり呼びかけられました。A君はその趣旨に賛同し、カウンターに参加した正義感の強い学生の一人でした。

抗議行動において、A君を含む数人は暴言を吐き続けられなどする中でレイシズムデモと対峙し続けました。その最中にA君の持つメガホンがレイシズムデモ参加者のメガホンにぶつかったと言いがかりをつけられ、その行為が公安警察によって「暴行」にでっちあげられました。メガホンとメガホンの接触という、ただそれだけのことが暴行とされ、非常に許しがたく、信じがたい逮捕劇が敢行されました。

本弾圧における救援体制と支援の呼びかけ

A君は現在の社会が抱える矛盾に対して強い批判精神を持ち、多くの社会運動に主体的に関わっている知性と情熱を持ち合わせた勇気ある学生です。活動の中でA君は、さまざまな社会問題に関心を持つ若者が集うスペースであるりべるたんで共に闘う仲間を集めようと、その運営に深くコミットしていました。そのようなA君の事情を勘案して、今回の救援活動においては、カウンター行動を呼びかけた「早稲田学生有志」及びりべるたんの共同で「7.6早稲田カウンター学生弾圧救援会」を結成し、救援活動を展開します。カウンター行動に参加された、ないしその趣旨に賛同する多くの学生・市民の方々と連帯して奪還の日まで闘い続けていきたいと思います。

現在、救援活動に奔走しておりますが、本救援活動は学生や若者が中心であるために、弁護士さんによる接見費用を始めとした資金面で非常に不安があります。連帯してもらえる学生・市民のみなさんには可能な限りで構いませんのでカンパをお願いしたく思います。今回の救援活動におけるカンパ先は混乱を避けるため、以下の「りべるたん」の口座に一元化します。救援活動終了後には収支を公開致しますのでご理解頂けますと幸いです。

また、本声明に対して賛同してくださる個人・団体とメッセージを集めています。賛同及びメッセージは、関連団体のブログ等に掲載させていただく予定です。匿名希望の方はその旨お書き添え下さい。

一日も早いA君奪還に向けて、共に闘っていきましょう。そして、A君のような若く正義感あふれる学生がおかしいと思ったことにおかしいと、不当な弾圧をされることなく声をあげられる民主主義社会を作り上げましょう。よろしくお願いします。

カンパ口座
ゆうちょ銀行018 普通預金 口座番号6088075(1) 名義「りべるたん」
賛同連絡先
ikebukurolibertine@gmail.com


デモ終了

法政大学 学生運動
07 /09 2014

デモ中写真

法政大学 学生運動
07 /09 2014



総長室前

法政大学 学生運動
07 /09 2014
田中優子は謝れ!




デモ出発

法政大学 学生運動
07 /09 2014

神奈川大新入生アピール

法政大学 学生運動
07 /09 2014
「3日前に在特会へのカウンターに決起した学友が暴行でっち上げで不当逮捕されました。これは武田くんへの不当逮捕と同じです。学生を黙らせる攻撃です。安倍政権の戦争準備そのものです。」




文連書記長・山本君アピール

法政大学 学生運動
07 /09 2014
「武田くん逮捕と一体の学祭規制を許さない!」




アピール開始!

法政大学 学生運動
07 /09 2014
斎藤全学連委員長「いま歴史的事態が進行している。集団的自衛権行使容認、成長戦略、国民を守るためと言っているが、福島を見てほしい。国家は国民を守ったことなんてない。」




本日間もなく法大デモ!

法政大学 学生運動
07 /09 2014


弾圧職員



自称「高橋」も登場。


戦争の未来はいらない!(7日のビラ)

法政大学 学生運動
07 /09 2014

明日は法大包囲デモ!

法政大学 学生運動
07 /08 2014
安倍・田中優子打倒へ!

本日の坂野陽平全学連書記長アピール





弾圧教職員







7・9法大包囲デモ

7月9日(水)12:40外濠校舎前集合
13:00デモ出発

オーストリアのレイバーネットサイトに声明「5・13法大弾圧に抗議し、武田雄飛丸君の早期釈放を求めます」が掲載されました!― Protest Decralation on LABOURNET Austria!

法政大学 学生運動
07 /03 2014
全学連ホームページより転載

レイバーネット・オーストリアのカール・フィッシュバッハーさんが、動労千葉を支援する会・代表の山本さんの呼びかけに応えてサイトに声明を掲載してくださいました。

H.Yamamoto (Doro Chiba): We demand the immediate release of imprisoned student Yuhimaru TAKEDA

同サイトには、動労千葉が定期的に発行している “Doro Chiba Quake Reports” も毎号掲載されています。

カテゴリーのタイトルは “News from (nuclear) Japan” – 冠せられた “nuclear” の語が衝撃的ですが、これが海外、とりわけ近隣の韓国や中国、そしてチェルノブイリを経験したヨーロッパの人びとの実感であり、事実そのものです。武田くんの闘いは、こうしたコンテクストのなかでとらえられ、闘う人びとの心をつかんでいます。腐敗した大学当局-国家権力、そして世界的な原子力産業との対決としてあるこの弾圧との闘いに、国際的な連帯も力にして勝利しましょう!

ドイツ・ゴアレーベンで闘うヤニックさんからのメッセージ―Message from brother Jannik Hauke, an unti-nuclear activist of Goreleben, Germany

法政大学 学生運動
07 /03 2014
全学連ホームページより転載

ドイツの反核運動の中心地・ゴアレーベンで闘うヤニック・ハウケさんが武田くん奪還のためのメッセージを寄せてくれたので、紹介します。ヤニックさんは、昨年の8・6ヒロシマ大行動にも参加してくれた仲間です。福島の闘いに心を寄せる全世界の仲間が、反原発を貫いて処分された武田くんの闘いに注目し、起訴に怒りを燃やしています!



I hope the brother TAKEDA is free again!
武田さんの早期釈放を強く望みます!
I see you have made ​​a good demo in Iwaki! excellent!
いわきで行われた素晴らしい集会・デモの記事を見させていただきました!

The contamination is terrible!
凄まじい汚染の状況にも驚いています!

We in Germany are conducting the fight against the nuclear power plant “Grohnde”.
ドイツでは、グローンデ原発(ニーダーザクセン州)の廃炉を求める運動が盛り上がっています。
A few miles from my hometown. After problems is the nuclear power plant from the power supply.
この原発は私の故郷から数マイルしか離れていませんが、問題を起こし今は電力供給をしていません。
Our Minister of the Environment has not approved the restart. This is Great!
今のところ環境相は再稼働を認めていません。すごいことです!
Now we have the chance that it is turned off.
廃炉を勝ちとるチャンスがきました。

Keep it up!
がんばります!
In solidarity!
連帯をこめて!

danketsu ganbaro!
ダンケツ・ガンバロー!
Jannik from Germany!

ヤニック、ドイツより!

アメリカILWU(国際港湾倉庫労働組合)ローカル21、ダン・コフマンさんからのメッセージ―Message from brother Dan Coffman, the former president of Local21, ILWU

法政大学 学生運動
07 /03 2014
全学連ホームページより転載

ILWU(国際港湾倉庫労働組合)ローカル21(アメリカ・ワシントン州ロングビュー)前委員長のダン・コフマンさんが、武田くんの釈放を求めるメッセージをよせてくださいました! ダン・コフマンさんは、2011年11月の全国労働者総決起集会にも参加してくださった仲間です。
ILWUローカル21は、巨大輸出穀物ターミナル(日本の伊藤忠も出資)建設による港湾の民営化・外注化、労組破壊と対決し、地域ぐるみの団結をつくりあげて実力で闘ってきた支部です。2011年にオキュパイ運動が呼びかけたローカル21連帯・オークランド港占拠封鎖行動には、実に3万人もの労働者や学生、市民がかけつけました。弾圧に決して屈しないILWUの闘いからも力をもらって、武田くんを一日も早く奪還しましょう!



Immediate release of Y.Takeda San

武田雄飛丸さんの即時釈放を

I have been notified of the outrageous conduct of the Japanese authorities of unlawfully arresting the Honorable Brother Takeda for openly and publicly requesting truth and fair dealing from authorities in the aftermath of the fukushima disaster.

日本の権力者が、武田さんの不当逮捕というとんでもない暴挙をはたらいたことを知りました。かれが立派にも、正々堂々と、かつ公然と、権力者たちにたいして福島原発事故の影響についての真実と公正な扱いを求めたことにたいしてです。

I demand the Immediate release of Brother Takeda with full University reinstatement. Worldwide I ask all union members and citizens to join me.

武田さんの即時釈放と、大学におけるすべての処分撤回を求めます。また世界的に、あらゆる労働組合のメンバー・市民に賛同を求めていきます。

Local 21 former president
International longshoreman and wharehouseman union

Dan coffman

ILWL(国際港湾倉庫労働組合)ローカル21・前委員長

ダン・コフマン

3・14法大弾圧を許さない法大生の会

FC2ブログへようこそ!