FC2ブログ

スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無罪確定へ! 法大「暴処法」弾圧裁判第一回控訴審打ち抜く!

法政大学 学生運動
03 /31 2013


 3月29日13時半、一審で無罪を勝ち取った法大「暴処法」弾圧裁判控訴審の第一回公判が傍聴席を埋め尽くす結集で行われました。それに先だって12時から被告団(新井拓、織田陽介、恩田亮、内海佑一、増井真琴)を先頭とした文連・全学連による裁判所前大情宣を打ち抜きました。

 文化連盟の決起を先頭とした法大闘争の爆発と一体で闘われた法大「暴処法」裁判の無罪判決に打撃を受けた検事・国家権力は、恥知らずにも控訴し逆転有罪を狙ってきています。絶対に許せません。被告団は完全無罪をめざし闘い抜く決意です。

 3・11反原発福島行動を頂点に、3・24三里塚闘争と動労千葉・動労水戸のストライキと3月決戦が安倍政権打倒の闘いとして圧倒的に打ち抜かれる中、これらの闘いと完全に一体のものとして裁判闘争を打ち抜きました。
 冒頭、増井君から被告団の意見書読み上げを要求するも、井上弘通裁判長はこれを蹴り、さらには抗議した傍聴人に対して退廷命令を出して郊外退去を命じるなど国家意志をむき出しにして襲いかかってきました。本当にふざけています。しかし被告団と弁護団は一歩もひるまず、2時間にわたる裁判闘争を闘い抜きました。

 弁護団から検事による控訴趣意書への答弁書が読み上げられました。
 答弁書では、はじめに「法政大学は・・・『民主法政』と称されてきた。しかしながら、いまやそれが完全に投げ捨てられ、大学当局と警視庁公安が結託した暴力支配がキャンパスを横行している。学生の政治活動やサークル活動、あらゆる自由な表現活動が敵視され、大学祭での飲酒まで規制された。そして、ここ数年の法政学生運動の逮捕者は、延べ119名、起訴者は33名という異様な数にのぼっている。」「だが、学生は、この理不尽極まる弾圧に決して屈せず、『一人の仲間も見捨てない』の団結で決起した。」「2009年4月24日にも、『法大解放総決起集会』を法大正門を埋め尽くす法大生・全国学生でかちとった。・・・こうした闘いに対する権力・大学当局の報復が上記の看板等を集団で損壊したとの口実をもってする、同年5月15日の本件暴処法弾圧である。」と喝破し、また「証拠」とされるビデオ映像が解像度の極めて低いものであり「検察官による主観」と断罪。また裏切り者・玉聞による証言が検事による誘導でありそもそも「既知関係」ではないことなどを明らかにし、そして被告人の意見書の要約を読み上げた上で即時控訴棄却、無罪確定を訴えました。

 次回は4月17日です。4・25法大解放総決起集会に向かってのキャンパスでの闘いと一体で裁判闘争を闘い抜こう。(法大「暴処法」弾圧被告団)
スポンサーサイト

本日の官邸前!

法政大学 学生運動
03 /29 2013



裁判所前で情宣活動やりました!

法政大学 学生運動
03 /29 2013
恩田君アピール!





増井くんアピール!





斎藤くんアピール!





団結ガンバロー!




本日、法大「暴処法」裁判第一回控訴審傍聴へ!

法政大学 学生運動
03 /29 2013
 本日、一審で無罪を勝ち取った法政大学における「暴処法」(暴力行為等処罰ニ関スル法律)弾圧裁判の第一回控訴審が行われます。
 傍聴席を埋め尽くす大結集で高裁においても無罪を勝ち取ろう!

●弾圧をぶっ飛ばし無罪を勝ち取る

 09年に、増井真琴君(法大文化連盟前企画局長)に対し入構禁止を通告する大学正門の看板を「共謀して破壊した」として11人が不当逮捕、5人(増井君、恩田亮君、織田陽介君、新井拓君、内海佑一君)が起訴されたのが法大「暴処法」弾圧です。
 06年の「3・14法大弾圧」(「立て看板・ビラまき規制」に反対して法大でデモを行った学生29名が一斉に不当逮捕された事件、2週間後に全員不起訴釈放)から始まる法大闘争は、ついに戦前から学生運動と労働運動の破壊のためだけに存在し続けてきた「暴処法」を適用せざるを得ないところにまできたのです。「暴処法」は「多衆ノ威力ヲ示シ」とあるように、団結そのものを罪とする悪らつな弾圧法です。戦前は京都学連事件などで使われ、戦後においても東大ポポロ事件などの政治弾圧で適用されてきました。
 この弾圧の核心は法大文化連盟の絶滅攻撃であり、法大生の団結破壊です。08年文化連盟決起以来の闘いがいかに当局・権力を追いつめたかを示しています。
 しかし法大「暴処法」弾圧被告団は一歩もひるまず完全黙秘・非転向で闘い抜き、キャンパスで武田雄飛丸君(法大文化連盟委員長・国際学部3年)など新たな闘う法大生の主体と結合し、昨年5月31日ついに3年にわたる裁判闘争の末に無罪をもぎとったのです。
 無罪戦取の核心は第一に完全黙秘・非転向を貫いた被告団の団結した闘いであり、第二に敵のデッチあげの矛盾をついて闘ったことであり、第三に敵・権力を人格的に圧倒したことであり、第四になによりもキャンパスでの団結形成を軸に闘い抜いたことです。
 国家権力は、3・11情勢下での巨大な人民決起と動労千葉の外注化阻止決戦、そして星野文昭同志再審へ向けた全証拠開示運動に追いつめられ、なりふりかまわぬ攻撃に出てきています。しかしそれは追いつめられたあがきでしかありません。
 無実の星野さんを今年こそ何としても取り戻し、新自由主義攻撃を打ち砕く闘いのとりでとして法大闘争を大爆発させよう! 武田君の処分撤回裁判(次回5月17日、東京地裁)とともに法大「暴処法」控訴審を闘い抜こう!

●3・11福島行動で決意新たに

 本裁判は、安倍政権による戦争と大失業攻撃に対する巨大な学生反乱の一環です。
 3・11反原発福島行動は、安倍政権への怒りとして1350人の結集で大高揚しました。
 原発事故から2年、福島のお母さんや農民、労働者・学生が分断や困難をのりこえて結集し「フクシマの怒り」を訴え、この感動的決起にあらためて「3・11を絶対に忘れない! 全原発廃炉へ!」と全参加者が決意を新たにしました。
 福島大生は3・11集会で「原発事故の責任は、地震でも津波でもなく、自民党であり電力会社であり、御用学者です。福島から、彼らの責任を追及しなくてはなりません」と発言しました。
 そして法大では2月15日、文化連盟委員長に就任した武田雄飛丸君の処分撤回裁判が戦闘的に闘いとられました。
 武田君は裁判の陳述で「今回の私に対する処分も、これまでのあらゆる処分と同様、学生運動に対する弾圧として存在している。学生運動を弾圧し、規制を強行するあり方と、反原発運動を弾圧し、御用学者を居座らせるあり方は、本処分に見られるように一体である。学生の存在がおとしめられ、大学が資本と国家に従属するあり方が続く限り、法大闘争は終わることはない」と訴えました。
 問われているのは大学であり、学生の行動です。文化連盟を先頭とした法大闘争の「一人の仲間も見捨てない」という闘いが今こそ真価を発揮するときです。
 福島をはじめとした巨大な人民決起と学生運動で裁判所を追いつめ、それと結合した裁判闘争で無罪を確定させよう!
 多くの皆さんの裁判傍聴への結集を呼びかけます!

明日はいよいよ法大「暴処法」弾圧裁判第一回控訴審!

法政大学 学生運動
03 /28 2013
一審無罪を勝ち取った地平から、武田処分撤回裁判と一体でさらに攻勢的に裁判闘争を闘い抜こう!

そして4月、新入生と結合し4・25法大闘争の大爆発へ!

傍聴への結集を是非よろしくお願いします。




3・29法大「暴処法」裁判第一回控訴審


日時 3月29日(金)13:30~
場所 東京高裁(東京地裁と同じ場所)

※傍聴券配布のため30分前には裁判所脇に集まって下さい
※正午より裁判所前で情宣活動やります

4月25日、法大解放総決起集会やります!

法政大学 学生運動
03 /28 2013
不当処分撤回!大学の主人公は学生だ!

4・25法大解放総決起集会

規制はいらない! 原発止めよう! 文化連盟とともに声をあげよう!
4月25日(木) 正午~  法政大学正門前に集合
13時半~ 法大包囲デモ(新入生歓迎デモ)に出発
呼びかけ:法政大学文化連盟

法廷の最終弁論と一体で、第二派千葉地裁包囲デモ!

法政大学 学生運動
03 /27 2013







3・27千葉地裁包囲行動打ち抜く!

法政大学 学生運動
03 /27 2013
3/24三里塚全国総決起集会の勝利を引き継ぎ、本日市東さん農地裁判の最終弁論が行われます。

千葉中央公園に結集し集会!



反対同盟・北原事務局長挨拶





動労千葉・田中委員長から連帯挨拶






全学連・斎藤委員長発言






千葉地裁に向けデモ!



デモ終了後、千葉地裁を包囲し、「多見谷裁判長は農地を奪うな!」と怒りを叩きつけました。



三里塚デモ終了!

法政大学 学生運動
03 /24 2013
団結してガンバロー!


三里塚デモ中!

法政大学 学生運動
03 /24 2013





市東さん宅前!

法政大学 学生運動
03 /24 2013



成田軍事空港粉砕!

法政大学 学生運動
03 /24 2013







三里塚デモ中!

法政大学 学生運動
03 /24 2013



トラクター先頭にデモ出発!

法政大学 学生運動
03 /24 2013



集会終了!

法政大学 学生運動
03 /24 2013
これからデモ出発です。


全学連・斎藤委員長アピール!

法政大学 学生運動
03 /24 2013



動労千葉・田中委員長アピール!

法政大学 学生運動
03 /24 2013



市東さんアピール!

法政大学 学生運動
03 /24 2013



三里塚全国集会開始!

法政大学 学生運動
03 /24 2013




北原事務局長発言!




全学連三里塚現地行動隊アピール!

法政大学 学生運動
03 /24 2013








前段集会の最後にシュプレヒコール!


全学連書記長・坂野君アピール

法政大学 学生運動
03 /24 2013



動労水戸・石井委員長アピール!

法政大学 学生運動
03 /24 2013



前段集会の最初にシュプレヒコール!

法政大学 学生運動
03 /24 2013



本日、三里塚全国集会!

法政大学 学生運動
03 /24 2013
間もなく前段集会始まります!






経産省前に続いて官邸前でのシュプレヒコール!!

法政大学 学生運動
03 /22 2013



経産省に向かってシュプレヒコール!

法政大学 学生運動
03 /22 2013





制服向上委員会より「原発さえなければ」

法政大学 学生運動
03 /22 2013

福島からのアピール!

法政大学 学生運動
03 /22 2013
大河原さんアピール!



福島市より椎名千恵子さんアピール!




ただいま経産省前脱原発テント!!

法政大学 学生運動
03 /22 2013
東京地裁による仮処分決定に抗議し、これから決起集会やります!


国鉄闘争全国運動が「解雇撤回・JR復帰」を求める大署名運動を開始!!

法政大学 学生運動
03 /20 2013
ネットからでも署名できます!!

ぜひみなさんご協力を!!

↓詳しくはコチラ


以下、呼びかけ文

国鉄分割・民営化では、「国鉄を解体し一旦全員解雇。JRを設立し選別して再雇用」という方式がとられました。それによって解雇も採用差別も全て正当化されてきました。

地裁での判決では、その不採用とされる基準そのものが不当な目的・動機によるもので、その基準がなければJRに採用されていたはずと認定されました。しかし、わずかばかりの賠償金のみで解雇は撤回させない、矛盾した判決です。不当な解雇は、撤回以外にあり得ません。

国鉄分割・民営化からの26年間、「国鉄方式」での解雇や、民営化・外注化による非正規職化が全社会的に蔓延してきました。次々と雇用が破壊され、権利が奪われていく。その全てが国鉄分割・民営化から始ったといっても過言ではありません。

国鉄分割・民営化は、20万人が職場を追われ、200人もの自殺者を出した巨大な国家的不当労働行為であり、労働運動の解体を狙った戦後最大の攻撃でした。それに対して、あくまで民営化反対を貫き、解雇撤回・原職復帰を掲げて闘われてきたのが1047名の解雇撤回闘争です。それは全労働者の生活と権利、未来をかけた闘いでもあり、全国各地で多くの支援の行動が生まれて闘われてきました。

しかし2010年4月9日の政治和解によって、国労本部など4者4団体は闘いの旗を降ろしました。この中で私たちは動労千葉の「国鉄闘争の火を消すな」の呼びかけから、新たに国鉄闘争全国運動を立ち上げ闘いぬいてきました。今回の裁判での前進は国鉄分割・民営化を曖昧にせずに闘いを継続したことの勝利です。さらなる雇用破壊が進行する中、今度こそ国鉄分割・民営化に決着をつけたいと考えています。


3・14法大弾圧を許さない法大生の会

FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。