FC2ブログ

6/30の法大門前!

法政大学 学生運動
06 /30 2011
スポンサーサイト



6/30朝から署名とれてます

法政大学 学生運動
06 /30 2011

原発安全宣言 ふざけるな!許さない!

法政大学 学生運動
06 /30 2011
キャンパスから怒りの声を!




◆海江田「安全宣言」を絶対に許さない! 

何万人の人々が亡くなられ、何万人もの人々が故郷を奪われ、今も避難生活を余儀なくされている中、6月18日に経済産業相海江田は「原発安全宣言」を出した。これは、定期点検などで停止している35基の原発について運転再開・再稼働を地元自治体に促すものだ。この「安全宣言」は、全くのデタラメであり、絶対に許すことはできない。

①稼働ありき結果ありきの安全宣言

 まず、この「安全宣言」が開始ありき結果ありきの安全宣言だからだ。このことを如実にあらわしているのが26日に佐賀県(玄海原発)で開催された住民説明会だ。参加者は経産省が地元の広告代理店に依頼して、選抜した7人のみで会場は非公開。住民に対して『説明』することが目的なのでなくて、『住民に説明した』という『アリバイ』がほしいのだ。
 あれほどまでの事故を起こしても、住民の命は第一ではなく「稼働」されることが第一であり、そのための「宣言」であり「点検」なのだ。

②デタラメな安全点検

さらに「安全点検」そのものもデタラメである。原子力安全保安院が点検に入ってわずか11日後に「安全宣言」。現地立ち入り調査は、2度だけである。追加の安全対策もたった5項目の「短期対策」に限られている。
しかし、原子力安全保安院審議官は18日夜の記者会見で 「人類が経験した原発事故をすべて考えて対応した。今回の対策をやっている原発は安全だ」と発表。
 フザケルナ!「想定外」の言葉で責任逃れをしてきた口でよくもそんなことが言えるな。点検そのものがデタラメな内容であり、福島の子どもの命や未来を見殺しにする「安全宣言」である。

③わき上がる怒りを押しつぶす「安全宣言」

 最も許し難いことは、被災地をはじめ「原発止めろ!」「故郷を返せ!」のわき上がる怒りを押しつぶすための「安全宣言」であることだ。6月11日は全国200カ所で反原発デモが爆発。福島市でも19日に1500人の反原発デモが巻き起こった。この怒りと行動は原発廃止まで決して止むことはない。
 現在、54基中35基が定期点検などで停止している。多くの人々が怒り、行動し、そして「原発なくても電力足りてる」「原発はエネルギー問題でない」と気づき始めている(核武装については29日発行ビラ詳細)。このままでは全て止まってしまうと恐怖して、「原発停止は産業の停滞」と「脅しともとられかねない口調」(6月19日毎日新聞)で海江田経産相は「安全宣言」を発表しているのだ。大学・企業あげての節電キャンペーンもその一貫だ。
 彼らが守るものとは「経済」であり、「原発」だ。そこに住民の命や主体性は存在していない。一方で私たちが守るべきものは、「命」であり「故郷」であり、私たち自身の「未来」だ。
 この7-8月が勝負だ!原発は必ず止めることはできる。わき上がる怒りは抑えることのできないほどの行動に転化し噴出しているからだ。自らの未来をかけて原発を止めていこう!         

◆御用学者山下を逃がすな!
  キャンパスから原発を止める行動を!

 
 私たち学生こそ原発を止めることができる。なぜなら原発を推進する連中はキャンパスの中に存在し、だからこそ原発を止める現実もキャンパスの中にこそあり、私たち学生はその主体だからだ。
 放射線リスクアドバイザー山下俊一(長崎大学教授)を大学と学問の名にかけて、絶対に許してはいけない(発言一部上記)。今、福島の父母さんたちをはじめ7団体から「山下解任要求」の署名が福島県内で開始されている(6月21日~)。 彼の発言は、自らの責任を逃れ、福島の子どもたちの立場ではなく「原発」を守り「政府」を守り、子どもを見殺しにするものだ(子どもの鼻血や下痢が広まっている)。
 被爆地「ナガサキ」と「大学」の名をもってデマ宣伝をしていることに許し難い犯罪性があるが、大罪はこれだけにとどまらなった。「解任要求」に対して長崎大学長が「山下教授は一貫して科学的に正しい発言をしている」とのコメントを発表したのだ。福島の人々の必死の叫びが上がっている中で、大学をあげて山下擁護をしている。もはや中立でも学問でも大学でもない。学問が人間のためではなく、人々の怒りや存在を殺すために使われている。
 山下を絶対に逃すな!キャンパスから怒りの声をあげていこう!

絶対許さない!御用学者山下俊一の発言録

Q「これまで、福島は安全ですと言い続けてきたが将来、子どもたちに何か影響があった場合に、責任がもてますか?」※5月3日二本松市の講演会質問
●「基本的に大切なことは、将来のことは誰も予知できないんですね。神様しかできないんです。イエスともノーとも答えられません」※同回答
●「地放射能の影響は実はニコニコ笑っている人には来ません。クヨクヨしている人に来ます」※3月21日福島市の講演会
●「これから福島という名は世界に知れ渡ります。福島、福島、何でも福島。もう広島・長崎は負けた。何もしないのに福島、有名になっちゃったぞ。これを使わん手はない」※同  

私のDC物販活用法

法政大学 学生運動
06 /28 2011
夏のDC物販で一番のお気に入りは野菜ジュースです


このジュースは熊本で製造されたもので、熊本出身の私にとっては、懐かしくに慣れしたしんだ味でもあります。



さて、私の活用法は、ジュースを凍らせてお弁当の上に置いて持ち運びます。


そうすると、保冷剤にもなり、お昼にはちょうど溶けているので一石二鳥です
o(^-^)o



ぜひお試しください




6/27の法大門前!

法政大学 学生運動
06 /28 2011

6/25に渋谷で反原発を訴える街頭宣伝やりました!

法政大学 学生運動
06 /27 2011

法大7・24集会弾圧裁判における上告棄却を弾劾する!

法政大学 学生運動
06 /26 2011
反原発運動の大爆発で反撃を!

6・17学説に参加した国文2年生 (社会科学研究会)からのアピール!

法政大学 学生運動
06 /25 2011
 法大生のみなさん! 自分は国際文化学部2年の学生です。17日の学祭説明会の報告を簡単にさせていただきます。

 まずもって確認したいのは今年も当局はさらなる規制を狙っており、学祭実はこれに早々に屈服しようとしているということです。去年の学祭は、初めて飲酒規制が導入されたうえ、当局の警備員が学祭警備にあたりました。ハレの日にキャンパスで自由に酒が飲めない、それどころか当局に抗議している学生は門前で止められ、キャンパスにすら入れない。こんな許しがたい現実が、何よりも学祭実の屈服によって生み出されたのです。


 今年も本質的には同じで、学祭実の言っていることは、去年の「施設管理権は大学にあるんだから規制は仕方ない」から、今年は「震災下だから規制は仕方ない」に置き換わっただけです。両者とも、自らの屈服を「学生のマナーと自治意識の低下」等と学生のせいにしている点でも共通しています。

 さらに悪質なのが、今年は震災下の安全問題と規制問題を故意にごっちゃにして、当局が要求してくる規制を、「学生自らがしなければならない規制」として持ち出してきたことです。

 とりわけ飲酒規制については、「自分達は飲酒文化を守りたいが、去年は飲酒が、酒乱の問題というより治安の問題として目立った」として、今年もそのようならば来年は「当局に言われずとも学祭実が自ら、全面的な飲酒規制を強行する」とまで言い放ちました。ふざけるな! そもそも去年実施された飲酒規制と、その強化を前提化してる時点で許しがたいし、来年度の屈服まで見越した伏線作りとしてこの発言があるのは間違いありません。

 他にも当局の警備員導入については、「いきなり包丁を持った人が入ってくるかもしれないから」等と言い出す始末。所詮これが彼等のいう「治安」や「安全」の中身であり、当局による規制の正当化であることは明らかです。

 さて、批判ばかりしていても仕方ありません。今年の学祭実もこのような体たらくである以上、去年にもまして、私たち学生からの突き上げが重要だということです。これ以上自主法政祭に対する攻撃を許してはなりません。

 是非、このビラを受けとって、自主とは何か、大学とは何か、学生とはどういう存在なのか討議して欲しい!
 そのうねりを広げていく中にこそ規制を阻止する力があります!
 皆さん、共に闘い自主法政祭を爆発させていきましょう!!

6/23学祭規制粉砕!法大門前行動

法政大学 学生運動
06 /24 2011

星野全国総会の連帯挨拶で

法政大学 学生運動
06 /24 2011
全学連副委員長の倉岡雅美さんが発言!!









本日の上智大前!

法政大学 学生運動
06 /24 2011
織田陽介全学連委員長登場!
http://www.youtube.com/watch?v=yJAifsIRbPs



反原発署名もガンガン集まってます!



デモ終了!

法政大学 学生運動
06 /24 2011
最後に団結ガンバロー!






6/24デモ、経産省前!

法政大学 学生運動
06 /24 2011
海江田による原発再稼働発言弾劾!
http://www.youtube.com/watch?v=tjwyDaWpAJc

6/24デモ、文科省前!

法政大学 学生運動
06 /24 2011

東京高裁前!

法政大学 学生運動
06 /24 2011

東京高裁デモ出発!

法政大学 学生運動
06 /24 2011

密集する反動

法政大学 学生運動
06 /24 2011
公安警察も大量に来ています。






本日、「獄中36年 星野文昭さんを取り戻そう 再審を開始 せよ! 獄中弾圧やめろ! 東京高裁包囲デモ」!

法政大学 学生運動
06 /24 2011



斎藤君も駆けつけ、発言!
http://www.youtube.com/watch?v=BS8gsYS2z8c

えこぴょんを弾劾する!

法政大学 学生運動
06 /24 2011
まずはこれを見てほしい。



拡大



これは、法大当局が配っているうちわに描かれている、法政大学の環境キャラクター「えこぴょん」である。

許し難いことに、いま法大当局は学内の冷房をとめてうちわを配布している。「電気を使いたかったら止まっている35基の原発を再稼働させろ。学生はうちわでも扇いでろ。」とでもいわんばかりだ。海江田経産相と全く同じである。

何より、節電で浮いた金はどこにいくのか?
あるいは、4月に授業が行われなかったが、その分学費は安くなるのか?
答えはハッキリしている。要は体のいいコストカットそのものではないか。

こうした合理化を居直る為にできたキャンペーンキャラこそ、この「えこぴょん」である。

しかもこの「えこぴょん」を発案したのは、法政大学自主マスコミ講座だそうだ。
自主マス講座と言えば、この人↓勝又秀雄



勝又についての詳しい説明はコチラ↓
http://08bunren.blog25.fc2.com/blog-entry-75.html

勝又はかつて学生弾圧の最先頭に立ってきた人物であるが、一方で社会学部の稲増教授らと組んで「アナウンサー養成」を大々的に宣伝し、自主マスコミ講座を開いてきた。ちなみに受講選抜の選考基準は「容姿」とのこと!
40を超えたオッサンが、アナウンサー志望の女子学生に近づく為に自主マス講座は行われているというのがもっぱらの噂だ。

ちなみにうちわの裏面はこのようになってます。




何と河合塾とコラボ!
節電と共に広告費も得ているあたりが、まさしく金儲けしか考えていない新自由主義大学そのものという話です!!


【結論】

原発推進の為の節電キャンペーン粉砕!!
えこぴょん粉砕!!
全学生は反原発の行動に立ち上がろう!
8・6ヒロシマ大行動に結集しよう!

全法大生の力を集め学祭規制 ぶっとばせ!

法政大学 学生運動
06 /23 2011
7/8 全学説明会で声あげよう!



◆学祭説明会で「規制反対」の声あがる!
 法大生のみなさん! 先週17日に今年の自主法政祭(11月3~6日)に向けた学祭説明会が開かれました。
 自主法政祭は年に一度、法大生がキャンパスの主人公となる日であります! 「自主」を掲げている通り、一から百まですべて法大生自身の手で創りあげる祭りです。
 しかし法大当局は、学祭への不当な規制・介入を年々強めています。それに対して自主法政祭実行委員会(以下、学祭実)は、一切闘わずに規制を受け入れ、昨年の学祭からはついに「飲酒規制」が導入されました。
 そして今年の学祭でも規制が強化されようとしていることに対して、学祭説明会で怒りの声が噴出しました。今こそ、全法大生の団結で規制を絶対に粉砕しよう!

◆自粛・自主規制の学祭絶対反対!
 学祭規制に反対する理由は、学生の「自主」と大学の「施設管理権」は絶対に相容れないからです。昨年学祭実は、「施設管理権は大学にある」と明言しました。つまり、「大学の言うことは絶対だから学生は言うことを聞け」ということです。しかし、学祭の主人公は私たち法大生です。学生が黙って従うことにおいてしか、「施設管理権」なんていうものは効力を持ち得ないのです。
 二つに、そもそも「規制」や「ルール」を決めたのは学生ではなく、当局であり、それに屈服する学祭実だということです。しかも学祭実は、「学生の自主意識の低下」や「治安の悪化」(by学祭実)をあげて一切の責任を法大生に押しつけ、「学祭の存亡の危機」、「このままいけば学祭実の判断で全面禁酒を決断する」とまで言っています。当局がずっとやりたくてもできなかった規制を、自粛・自主規制という形で学祭実自らが、しかも法大生の代表面をして行おうというのです!絶対に許せない!
 三つに、社会科学研究会(以下、社研)への学祭排除の問題です。学祭実は一貫して当局による社研の学祭企画排除を容認してきました。そしてなんと、去年の学祭からは警備員を配置して社会科学研究会のサークル員を学祭から排除する(入構禁止)という暴挙に踏み切りました。「学生の意識の低下」や「飲酒マナー云々」を言う前に、学祭実として一つのサークルが不当に排除されていることに抗議をするべきではないでしょうか。社会科学研究会の排除は、全サークル・全法大生への規制の拡大につながっています。今年の学祭こそ、一つの例外もなくすべてのサークルが参加できる祭りを法大生の手で成功させよう!

◆自主法政祭を学生の手に取り戻そう!
 すべてのサークル員・法大生は7月8日(金)の全学説明会に集まろう! 511教室を学生で埋めつくし、規制反対の声をあげ、自分たちの手で学祭をつくりあげよう!
 私たち法大生は当局に頭を下げては絶対にいけない。自主法政祭を運営し、責任をとってきたのは他でもなく法大生自身だからです。だからこそ、法大生の団結が自主法政祭を取り戻す力です。「ルール」やあらゆる分断をはね返し、法大生は全員一つになって声をあげよう!

◆法大生はフクシマの怒りに続こう!
 学祭に象徴される法政大学のあり方は、今まさに社会全体で問題になっていることと同じです。何よりも、原発事故をうけて見えてきたこの社会の縮図が、実は私たちのキャンパスの中にあったのです。私たちはそのことを6月19日の福島現地行動に参加してつかみました。集会で発言した福島大1年生の発言を一部紹介します。
 「今回の震災で福島第1原発は大変な事故を起こしました。本当に政府が放射能・原子炉の危険性を本気で考えていたとしたら、このような事態はまず起こらなかったと思います」、「今、政府は放射能の1年間に浴びる被曝量、その基準値を引き上げています。それもおかしなことです。毒ガスがまき散らされたとき、毒ガスを浴びていいという量を上げる人はまずいません。内部被曝による人体への影響、因果関係もはっきりしていないなら、もっと予防線を張るべきだと思うのです。政府、メディアも大学の教授などもウソばっかり。今の世界、デタラメです」、「私たちが発言すれば変わります。原発はなくせるはずです。この現地からみんなで立ちあがっていきましょう」――私たち法大生は、この福大生の怒りと団結し、キャンパスから行動に立とう。法大当局はこのフクシマの怒りの対極にいる。菅政権や一部の財界の連中と同じ立場に立ち、学生から自由を奪い、教育・学問を金儲けの道具にし、原発を擁護している。原発反対署名を「カルト」と妨害する法大当局の姿を福島・被災地の人々は絶対に許さない! 私たち法大生の手で、もうこんな大学を根底から変えなければなりません。
私たち学生の怒りは、フクシマの怒りと一つです。

◆反原発は反戦・反核闘争と一体だ!
 3・11以降、菅政権は「挙国一致」や「政治休戦」を煽り、被災地の怒り、青年・学生の怒りを押し殺そうとしてきました。しかし実際に菅政権が行っていることは、一方では被災地を先頭とした大量首切りであり、他方では沖縄の新基地建設とMV22オスプレイ配備などの戦争政策をどさくさに紛れて推し進めようとしています。そして、原発労働者に殺人的な被曝労働を強制し、子どもたちの未来を奪ってでも原発を推進する。海江田経産相の原発再稼働に向けた「原発安全宣言」こそ、政府・資本家の本音だ。これこそが菅政権の「復興」の内実なのです。そもそも原発は、日本の核武装政策のために推進されてきました。菅政権は必死に「エネルギー不足」を演出し、原発の本当の狙いを隠そうとしています。しかし、被災地を先頭に溢れ出す怒りは、もう誰にも止めることはできません。この腐りきった社会を変えるために、法大生は反原発・反戦・反核闘争に立とう。

◆8・6ヒロシマへ1万筆署名集めよう!
 最後に、8・6ヒロシマ大行動への結集を呼びかけます!世界で初めて原爆が落とされたヒロシマとナガサキ。被爆者は今回の原発事故をうけて、「日本に3度目の原爆が落とされた」と怒りを語っています。
 「ヒロシマ・ナガサキ・フクシマを繰り返すな!」――この叫びをヒロシマの地で全国・全世界に発信しよう。ヒロシマに向けて反原発1万筆署名を集めよう。
 6・19福島に続き、7/8(金)は東北大でキャンパス集会が呼びかけられています。法大生は団結して闘おう!


本日の法大門前!

法政大学 学生運動
06 /22 2011

本日の法大門前!

法政大学 学生運動
06 /21 2011

6/19フクシマ大行動が

法政大学 学生運動
06 /21 2011
東京新聞に載りました!


8・6ヒロシマ大行動へ!

法政大学 学生運動
06 /20 2011
昨日のフクシマ大行動を撃ち抜いた力で、次は8・6ヒロシマ大行動へ結集しよう!!

http://www.youtube.com/watch?v=6fJ49Dv7zyk



本日の6・19フクシマ大行動は1510人の結集で大成功!!

法政大学 学生運動
06 /20 2011


飛び入りの福島大生もコール!

http://www.youtube.com/watch?v=xPsaD2B5Rhw


http://www.youtube.com/watch?v=h6-sgiRbcvs


http://www.youtube.com/watch?v=W1gKHgoeQgw





東北電力前!
警察権力がものものしく警備しています。
「女川原発を廃止しろ!」のシュプレヒコールを叩きつけました!



「オール電化はもっとエコ」の看板が!!
ナンセンス!!



街中に「がんばろう福島」の幟旗もあります!
反原発の声をつぶすための「オールジャパン」思想そのものだ!!
ナンセンス!!

http://www.youtube.com/watch?v=qjzhgnOPCHc






デモ終了!
http://www.youtube.com/watch?v=bX4TPbGkzQ8


最後に団結ガンパロー
http://www.youtube.com/watch?v=Bb7yrL9VF_M




6/19フクシマデモ中3

法政大学 学生運動
06 /19 2011

6/19フクシマデモ中2

法政大学 学生運動
06 /19 2011

反原発フクシマデモ中!

法政大学 学生運動
06 /19 2011

集会の最後に団結ガンバロー!!

法政大学 学生運動
06 /19 2011

6/19フクシマ集会、500人以上は集まってます!!

法政大学 学生運動
06 /19 2011

3・14法大弾圧を許さない法大生の会

FC2ブログへようこそ!