FC2ブログ

4・27-5・28法大弾圧で極反動の不当判決!!

法政大学 学生運動
02 /28 2011
新井君に懲役1年2ヶ月、中島君に懲役8ヶ月!!(それぞれ執行猶予つき)

裁判長の小倉正三は一審をすべて引っくり返し、法大当局・検察の主張を全面的に取り入れた不当判決を下しました!!

ナンセンス!!

まさしく霞ヶ関のムバラクそのものだ!!

3・20の大爆発で菅政権もろともぶっ飛ばそう!!






スポンサーサイト



寄せられたメッセージ!

法政大学 学生運動
02 /26 2011

国立大入試に全学連登場!!

法政大学 学生運動
02 /26 2011
受験生に3・20渋谷反戦デモへの結集を断固訴えました。



受験生と次々結合!!
賛同の署名がドンドン集まっています!



あらためて、青年・学生の怒りはものすごいです!!

「菅政権を打倒しよう」という訴えにに学生は超空気入ってます!!

3・20の5000人結集で本当に菅政権を打倒しよう!!



渋谷の街をデモ!!

法政大学 学生運動
02 /26 2011

朝鮮学校の無償化を求める集会に参加!

法政大学 学生運動
02 /26 2011
ただいま、代々木公園にて朝鮮学校の無償化を求める集会が行われています。



洞口さんを先頭に法大生も駆けつけました!



約一ヶ月後に同じ代々木公園で行われる3・20渋谷反戦デモの宣伝と賛同署名集めも行いました!
青年・学生中心に、署名がガンガン集まっています!
ありがとうございました!



菅政権は朝鮮情勢の緊迫をもって、朝鮮学校だけ無償化をしないという許しがたい暴挙に手を染めています!ナンセンス!!

そもそも朝鮮半島で戦争を行おうとしているのは米日であり、それをもって在日人民を排撃するなどというのは言語道断です!
こうやって在日人民を分断し、戦争に突き進もうとしているのが菅政権です。

全世界の労働者・学生と団結し、3月20日渋谷を席巻する5000人の大デモで戦争に突き進む菅政権を打倒しよう!!


ちなみに、許しがたいことに右翼・在特会が集会破壊のために来ています!弾劾!



http://www.youtube.com/watch?v=gkmZ0p78Sf4



集まった賛同メッセージ!

法政大学 学生運動
02 /25 2011

連日渋谷情宣!!

法政大学 学生運動
02 /25 2011
青年・学生の勢いはとどまることを知らない!!

本日の署名は14筆です!!







本日も渋谷で街宣!

法政大学 学生運動
02 /24 2011
署名は8筆!
5000円カンパをくれた方もいました。
ありがとうございます。

街頭の怒りは日に日に高まっています!

3月20日、あらゆる怒りを結集し、渋谷をタハリール広場にしよう!



2/23人環教授会・曽士才弾劾行動ダイジェスト動画

法政大学 学生運動
02 /24 2011

本日、人環教授会と国文教授会に抗議の申し入れ!

法政大学 学生運動
02 /24 2011
 昼の抗議行動と一体で、一年生が人間環境学部と国際文化学部に抗議の申し入れを行いました!

 学務部は「預かりはするが、教授会が受け取るかどうかはわからない」というふざけた対応!
 これに対して一年生は断固申入書を叩きつけ、戦闘宣言を発しています!

 教授会は倉岡さんを処分するな!
 国際文化学部学部長・曽士才は一年生に謝罪しろ!

 以下、申入書をを掲載します。


法政大学総長 増田壽男 殿
国際文化学部長 曽士才 殿

申し入れ書

2011年2月23日 国際文化学部一年


 法政大学当局、国際文化学部長・曽士才によるこの間の一連の人権侵害の行為に対し強く抗議し、以下三点を申し入れる。

一、私の学外での行動の詳細(プライベート)を法大当局は問題にしているが、どのようにして、またどのような理由でその情報を入手していたのか。明確な根拠を有する訳ではないが、私の親からの報告を聞く限り大学の関係者が所々の現場で私を目撃したとは考えにくい。「偶然」という言葉では片付け難い程に私の行動は把握されていた。「偶然」でないとするなら一つ一つの事例の目撃者(証人)を提示した上で納得のいく説明を求める。

一、私の日々の行動を何故私の親に伝えたのか、その必要性ないし根拠を求める。私が取りあわなかったことを理由とするかもしれないが学生の学外における行動はプライバシー(私的な事)であって追及する事自体がおかしいのではないか。

一、曽学部長の「ゼッケンを付けてビラを配ったら逮捕される」といった趣旨の発言についてその根拠を求める。「思想及び良心の自由は、これを侵してはならない」(憲法19条)で思想信条の自由は保障されており、法律、倫理、どの面から見ても全く問題ない行動と思われるのだが。

私は法大当局による思想統制及びプライバシーの侵害を強く弾劾する。
法大当局は、不当な弾圧を直ちに中止し、真実を明らかにした上で謝罪せよ。



人間環境学部教授会 御中
2011年2月23日

申し入れ書

人間環境学部 倉岡雅美


 4月1日以降、私への追加処分を下さないことを要求します。
 本年3月31日をもって私への一年の停学処分が終了します。これまで、私の処分が終了する時が近づくたびに、さまざまな口実で処分が追加されてきました。このようなことは許されないと考えます。それにあたって、特に次の二点に対して貴教授会は真剣に向き合うべきだと考えます。

①2010年11月下旬ごろから登場した「授業準備妨害看板」について。これについて貴教授会はどう考えているのでしょうか? 授業の「準備」の妨害として、休み時間の演説までをも何か違法なものであるかのように描こうとする、処分のための理由作りに他なりません。またこの措置は、言論・表現の自由に対する歴史上初めての事態です。
②2010年10月11日の「日本国神党」のキャンパス情宣について。当日は私もその場にいましたが、彼らは1時30分~2時ごろまで、つまり授業時間中にキャンパス正門前で街宣車2台による大音量で罵声を浴びせるということが起こりました。まさにキャンパスが右翼街宣車に蹂躙されていました。しかし、いつも私たちに対して「授業妨害」を盛んに主張してくる法政大学職員および警備員が、この時だけは何もせずただ見ていました。後に10月14日、1年生3名が宮崎学生センター長にこのことについて問いただした際に、彼は「あれは中核派を批判していたから、言論表現の自由がある」と答えました。なぜ私たちの主張は常に「騒音」であり「妨害」とされ、「日本国神党」の主張は「批判」であり、「言論の自由」の一部として授業時間中でも許されるのでしょうか? 法政大学当局の行っていることは明らかな思想弾圧であることの証左です。

処分を決定した責任は自分にはないように教授はいつも「仕方ない」「しょうがない」と言います。そして最後は「法政が嫌だったら辞めればいい」と。これらの言葉は全て、現状を追認するものです。「どんな現状にも従うしかない」絶望やあきらめそのものであり、「学生には何の力もない」学生の存在を初めから貶めています。
今の中東の情勢を見てください。青年・学生の命をかけた独裁政権の打倒の闘いに対して、どういう立場をとりますか?「独裁が嫌だったら国外にいけばいい」と言うのですか?法政大学のやり方も中東の独裁政権と同じようにこれから先も永遠に続くものではありません。法政大学の正当性とは、ただ一点「大学の決定」これだけです。体制当番を積極的に担う教職員も年々、激減しています。ごく少数の教職員(職員半澤・勝又)を除けば、今の状態が正常だなんてだれも思っていません。
「こんな現状をぶち破りたい」という思いは、何か一部の学生の思いではなくなってきています。学費、就職難、非正規職化…。今の法政大学の中でどこから矛盾が爆発するかわからない状況です。私の処分は「おかしい」と声を挙げ、行動してくれている学友もいます。処分撤回署名も300を超えています。
キャンパスに入れず、正門前にいる私に対して「処分の正当性」を言ってくる教授は誰もいませんでした。目を合わせないようにする教授ばかりです。「理事会・大学の決定」以上の「正当性」は何もないのです。これが正当性といえるのでしょうか?私は「大学の決定」を背後にした正当性ではなく、自身の行動によって、自らの正当性を主張します。法大当局が裁かれることはあっても、私は処分を下されるようなことは一切していません。
 これ以上の私への追加処分をしないことを要求します。                     
以上




人環教授会抗議行動

法政大学 学生運動
02 /23 2011
久しぶりです!市ヶ谷キャンパス!

今日は人間環境学部教授会ということで、朝から元気に登場しています!

12時から抗議行動やります!








JAL本社入り口の大攻防!

法政大学 学生運動
02 /22 2011


http://www.youtube.com/watch?v=Qa8Yh_ZNu88


30分以上にわたる攻防の末、ついに申入書を受け取らせました!!

JALは署名を受け取れ!

法政大学 学生運動
02 /22 2011
交渉の席につかないばかりか、一向に署名すら受け取ろうとしないJAL!

ナンセンス!

http://www.youtube.com/watch?v=qckfqtPor_E

JAL本社へ抗議の申し入れ署名提出行動!

法政大学 学生運動
02 /22 2011

ただいまJAL本社前で抗議行動!

法政大学 学生運動
02 /22 2011
不当解雇撤回!






本日、千葉地裁にて三里塚反対同盟・市東さんの農地裁判!

法政大学 学生運動
02 /22 2011
みなさん。
空港公団は市東さんの農地を「農地法でもって」明け渡せという許しがたい攻撃をかけてきています。

これに対して反対同盟と弁護団は徹底的に裁判闘争で反撃を叩きつけました!!

裁判において、空港公団は市東さんが一度も耕したことない農地も「契約畑」だとしているデタラメな主張をしていました。裁判所すら「航空写真を見る限り、占有の事実は認められない」と言わざるをえないほどです。

追い詰められた公団は今回、「明け渡し請求の一部取り下げ」を主張。

弁護団はもちろん断固拒否し、裁判そのものの不当性を完膚無きまでに明らかにしました。

三里塚情勢は超切迫しています。
農地取り上げのための明け渡し裁判を粉砕し、市東さんの農地を守り抜こう!!


↑弁護士会館で総括集会

衝撃の出来事が起こりました。

法政大学 学生運動
02 /22 2011
 国際文化学部1年のAです。
 昨日、衝撃の出来事が起こりました。

 友人のB君と共に、国際文化学部学部長である曽士才による自分に対する処分策動への報復処置として、ボアソナードタワー内にある教授室にビラをまいていたところ、毎日のように学内をほっつき歩いている例の自称「法大職員」を名乗る怪しいオッサン達に取り囲まれてしまいました。






 彼らは「君たちは今、してはいけない事をしていたね」と言い何の権利あってか私達に向かって説教をし始めました。エレベーター内までついて来て説教を続けるこの執念深いオッサン2名に、友人のB君は必死に抗議を続けます。そこに何と問題の曽学部長が途中で止まった階からエレベーター内に入ってきたのです。







 私と一瞬顔が合いましたが彼は少し気まずそうな表情を浮かべていました。学部長の目の前では

友人B「学生が教授室にビラを入れるのって普通の行為ですよね?」
オッサン「ルールに反した事をするのは悪い事なんだ。間違っているのは君達の方だ。この大学では許可の無いビラ撒きは全面的に禁止されている事は知っているだろう」
友人B「要するに思想の弾圧ですか・・・」

 といった論戦が行われていましたが、曽学部長はエレベーターから降りる最後まで一切何もしなかったのです。私を心配していると言った本人は目の前で変なオッサンに絡まれていている私を助けに入ろうとしなかったばかりか心配の声すらかけませんでした。

 これが真実です。ちなみに無言で曽学部長が去った後も「学内ルール」を熱く語り続ける自称法大職員のオッサン達には何度も職員証の提示を求めましたが、頑なに拒否されました。自分の身分も明かせない癖に「今から学生センターの職員がここに来るから待っていなさい」と今度は命令。あきれて立ち去ろうとするとB君の腕を掴み拘束までしてくる始末。純然たる変質者です。
 後は学生センターから松崎が来て私達に高尚で有り難い説教をするといういつもの下らない展開で終わりました。


法大生の力で処分も規制もぶっ飛ばせ!国際文化学部による 処分策動粉砕!

法政大学 学生運動
02 /21 2011
エジプト革命に続こう!
1年生が怒りの訴え!



当該のA君(国際文化学部1年生)より怒りのアピール!

親をつかって「活動をやめろ」と恫喝。
国文・曽学部長を絶対に許さない!


 私は昨年の10月末から本格的に文化連盟とともに学外におけるデモやアジ演説などの政治活動に参加するようになりました。私の政治活動の殆どは学外においてであって、少なくとも学内においては特に何もしていませんでした。キャンパス規則に触れるような行動は一切とっていないわけです。文化連盟とともに活動する私を好まない大学側も、キャンパス規則に触れていない私には手出しが出来なかった。そこが大学としては気に食わない。そこで大学は非公式の呼び出しを私に行ってきました。もちろん私自身はそんな勝手な呼び出しには応えずに無視をしました。呼び出されるようなことをしていないのだから当然です。すると業を煮やした大学は、何と私の親に連絡をしたのです。親から聞くと、国際文化学部の学部長である曽士才は「息子さんが裁判所の前でゼッケンを付けてビラを配っていた。こういうことをしていると逮捕されてしまうから今すぐ止めさせてください」、「他大の校門前でも演説をしていた」といった趣旨の内容を私の親に伝えたようです。 一見すると教え子を心配する「親切な学部長」による忠告にも見えます。しかし学部長の発言と行動を改めて考えてみると3つの疑問に突き当たります。
①一つは、何で大学が私の学外における活動(プライバシー)を把握しているのかということです。
②二つは、「ゼッケンを付けてビラを配ったら逮捕される」というのは憲法違反ともとれる発言ではないかということです。こんな大学・社会のあり方を変えるために行動するのは当然ではないでしょうか。
③そして、「心配している」などと言っている曽学部長本人が一番危険なのではないのかということです。
 ①の疑問に関しては明確な答えが出ています。学部長の警告を親から伝えられてからも私は文化連盟とともに活動を続けていたのですが、2月16日に飯田橋でビラを配っていたことがなぜか遠い故郷の親にその日の内に伝わっていました。このことからも分かるように、法大当局が公安警察とグルになっていることが明らかになりました。裁判所前で演説した日も、他大の校門前で演説をしていた日も、そして飯田橋駅前でビラをまいた日も私を唯一監視していたのは公安警察だけだからです。
更にこの電話から大学の真意も読みとれます。要するに心配だから連絡をしたと説明する大学側の本音は「お前の息子に今の活動を止めさせるように忠告したはずだが、奴はまだ活動をやっているじゃねえか。大学にとっていい迷惑だから早く止めさせてくれねえか」という私の親に対する「催促」ないし「恫喝」なのです。私は大学によるプライバシーの侵害を徹底弾劾します。
 ②に関しては最早論外としか言いようがありません。曽学部長は以前、私に向かって文化大革命に対する不信と不満の意を述べました。実は私もそこは彼と全く同じ意見なんです。私自身かつてのソ連や現在の北朝鮮や中国といったスターリン主義国家の下で行われる激しい言論弾圧や思想統制には相当の怒りの念を持っています。しかし文化大革命を批判した彼が次に発した言葉が「ゼッケンを付けてビラを配ったら逮捕されます」といったものだったことは非常に残念に思えてならないのです。それこそが学長の嫌う言論と思想の弾圧なのではないのか。
 ③については①と②で述べたことと関連するのですが、本当に学部長が教え子である私を心配しているのならばなぜ公安警察のストーカー行為によるプライバシーの侵害から私を守ろうとしないのでしょうか。なぜ教え子である私の立場ではなく公安警察の側に立って「逮捕されるからやめさせろ」と私の親に催促し、憲法で保障された政治活動の自由という当然の権利を私から奪おうとするのでしょうか。本当に危険な行為をやっているのは曽士才さん、貴方なのではないでしょうか。私が何時どこで危険な事をしたのでしょうか。学部長には教え子を守る責任があるのではないでしょうか。
 かつて法大キャンパス内には私と同じ様におかしい事にはおかしいと当然の主張してきた倉岡雅美さんという人物がいました。おかしいことにおかしいと言った結果として彼女は法大側から停学一年という不当な処分を受けました。日頃から大学当局は文化連盟を危険な犯罪者集団のように扱ってきましたが、本当の犯罪者は誰なのでしょうか。立て看板の不当撤去について抗議をしただけで退学処分、ビラを配っただけで逮捕、学内で演説をしただけで弾圧。これが教育者のすることでしょうか。
 いい大人が国家権力という暴力を使って高校を出たばかりのガキを黙らせ服従させる。それは正しいことなのでしょうか。そんな環境で学生がまともに育つのでしょうか。服従のみを信条とさせられた学生が大学を出て一体どんな社会を築くというのでしょうか。明るい未来は出来るのでしょうか。私は断じて違うと思うのです。法大生の皆さんは矛盾だらけの飲酒規制の件で十分に法大当局の本性が分かったと思います。もはやこんな腐り切ったゴミクズのようなエセ大学は完膚無きまでに叩きつぶすほかありません。その為にも必ず倉岡さんの不当処分を粉砕し、4月から彼女をキャンパスに登場させましょう。法大生ひとりひとりの力こそが法大闘争勝利への最大の希望なのです。
 すべての法大生にともに闘ってほしい。一緒に法大当局をぶっ飛ばしましょう! エジプトではまさに革命が起こっています。法大の監獄体制をぶち破るためにも、3・20渋谷反戦デモへの結集を訴えます!

国文1年・B君からのアピール!

3・20渋谷デモでエジプトと連帯しよう!

 法大生の皆さん! 3・20反戦集会と渋谷デモへの大結集を呼びかけます。今年の反戦集会は例年とは一味違います。それはチュニジアで革命がおき、それがエジプト、中東全域、そして全世界へと波及している中で闘われるということです。
 今全世界で、特にエジプトで起きている革命はまさに戦後のアメリカ中東支配体制を根底から崩壊させる出来事です。だからこそこの革命を、アメリカは従属国であるイスラエル等と協力して、必ず軍事的に圧殺しようとすることは間違いありません。
 今こそ私たちは膨大なる基地と日米安保の存在をもって、アメリカの戦後支配を支え続けてきたこの日本で、エジプトの革命に呼応して立ち上がらなければなりません。3・20へ結集してともに反戦行動に打って出ることこそが、エジプトの革命と真に連帯して闘う道であると確信します。
 この30年に渡る独裁体制を打ち破ったエジプト革命を扇動し、ストライキを呼びかけたのは「4月6日運動」という2008年に結成した青年労働者の小さな運動体です。巷ではフェイスブックによる宣伝やイスラム原理主義者の扇動ばかりが強調されてますが、彼らの独裁政権下における3年の死闘がなければエジプトの革命も存在し得ませんでした。
 日本ではどうでしょうか? 法政大学では2006年の3・14弾圧以来学生運動が高揚し、警察や公安、違法職員までも動員したすさまじい弾圧体制下にもかかわらず、今もなお、全国規模で着々と組織を拡大しています。それはどんなに過酷な状況でも、希望を失わずエジプトの闘いと同じく、決して自分の拠って立つ生活空間、キャンパスから逃げる事なく闘い続けた結果なのです。いかに堅牢に見える体制も、いつかは綻びが生じます。日本でも客観的な条件は成熟しています。自殺者三万人、大学内定率が半分、青年の4割が非正規労働者や派遣。そして大失業…。あとはただ一点。革命を行う私たち学生・青年の主体の問題なのです。革命勢力の軸として、この時代に学園闘争を目に見える形で生み出した法大の学生運動を押し上げることこそが、必要なのです。
 今こそ法大学生運動の爆発を勝ち取り、集会に掲げられているスローガンをすべて実現させようではありませんか。エジプト革命と連帯し、日本でも革命を爆発させようではありませんか!!

渋谷街宣の演説動画!!

法政大学 学生運動
02 /21 2011
文連委員長・斎藤君
http://www.youtube.com/watch?v=-F6WBFdkc2A


全学連国際部・松室さん
http://www.youtube.com/watch?v=kZyCdz1FukA


首都圏大学の学生
http://www.youtube.com/watch?v=UGySvK-ToFk




本日、渋谷で街頭宣伝!!

法政大学 学生運動
02 /21 2011
全学連・文連が「渋谷をタハリール広場にしよう!」と訴えました。

そして、署名が何と29筆集まりました!!
さすが若者の街・渋谷!!

今や青年・学生の怒りは爆発寸前です。
5000人の3・20渋谷反戦デモで最末期の菅政権を打倒しよう!!
エジプト・チェ二ジアのように闘おう!




集会の最後にシュプレヒコール!

法政大学 学生運動
02 /20 2011

動労千葉・田中委員長、猛る!!

法政大学 学生運動
02 /20 2011

懲りない連中

法政大学 学生運動
02 /20 2011
新小岩にも公安が来ています!

さっさと帰れ!!
あの時のように。


公園で集会開始!!

法政大学 学生運動
02 /20 2011
動労千葉新小岩支部長の佐藤さんより怒りのアピール!!






JR当局は入り口を封鎖し、構内に我々を入れないという攻撃をかけ てきています!!

法政大学 学生運動
02 /20 2011
ナンセンス!!

法大と全く同じだ!!

新小岩派出廃止を絶対阻止するぞ!!






本日、新小岩集会!

法政大学 学生運動
02 /20 2011
動労千葉の拠点である新小岩派出の廃止=動労千葉つぶしの攻撃が行われようとしています。

これに対して本日、新小岩派出廃止絶対反対の集会を撃ち抜いています!

全学連も駆けつけ、共にシュプレヒコール!






倉岡さんへの処分阻止!2/23人環教授会+曽士才弾劾行動へ!

法政大学 学生運動
02 /18 2011
 みなさん!
 人間環境学部・倉岡さんへの不当処分阻止がいよいよ現実のものとなろうとしています!
処分阻止の署名は1600筆を超え、法大当局は完全に追いつめられています。

 今が正念場です。
 「倉岡さんを処分するな!」の声をさらに大きくあげていこう!

 23日には人間環境学部の教授会が開かれます。
 倉岡処分阻止闘争のラストスパートとして、教授会徹底弾劾の行動を正午から行います。
 是非皆さん結集を!

 さらにこの間決定的な動きとしては、国際文化学部の学部長・曽士才がまたしても卑劣な攻撃を仕掛けてきたということがあります。
 曽士才は今月はじめに一年生に対して親を使った恫喝・退学処分策動を行うも、それが破産し逆に一年生が怒りに燃えて決起したことに対して、さらに再度親へ「彼がこの間、ビラまき等の活動に参加しています。彼とはどういった話になっているんですか?」という連絡を寄こしたというのです。

 そもそも彼らの論理で言っても、学外で活動することには何の問題もないはずです。
 公安警察と結託して、親をもつかって新入生の決起を押しつぶそうとする法大当局は、 まさしくムバラク政権と同じではありませんか。

 エジプトのように闘い、不当処分をぶっ飛ばそう!
 23日は人環教授会と曽士才に対して徹底的に怒りの声をぶつけよう!!

倉岡さんへの処分阻止!曽士才弾劾!
2・23抗議行動

2月23日 正午
法政大学市ヶ谷キャンパス正門前集合 

 

3・20イラク反戦集会へ!連日街宣中!

法政大学 学生運動
02 /18 2011
賛同の署名が続々集まっています!



坂野全学連委員長代行演説
http://www.youtube.com/watch?v=cbGZN2krfHo


本日、2・16国鉄集会!!

法政大学 学生運動
02 /16 2011
分割・民営化の不当解雇から本日でちょうど24年!
政治和解であらゆる勢力が「解雇撤回」を投げ捨てる中、動労千葉と国鉄闘争全国運動が「1047名不当解雇を忘れるな!」と訴え、解雇撤回まであくまで闘うという決意を固め戦闘的な集会をうちぬきました!!






本日、御茶ノ水駅前で3・20イラク反戦集会への結集を訴え る街宣やりました!

法政大学 学生運動
02 /15 2011
賛同の署名は10筆以上集まりました!

さらには法大一年生がマイクをとり、菅政権と国際文化学部学部長・曹士才を徹底弾劾!!






3・14法大弾圧を許さない法大生の会

FC2ブログへようこそ!