FC2ブログ

三里塚現地行動写真報告

法政大学 学生運動
01 /31 2011
成田空港会社(NAA)と千葉県は当事者である市東さんにも道路を使用する住民にも何の説明もなく、市東さん宅を孤立化させる道路工事を本格的に開始しました。





















全学連は急きょ、現地に駆けつけました!























怒りを込めてシュプレヒコール!























うなだれるNAA職員























もう一箇所の工事現場に移動して























怒りを込めてシュプレヒコール!























立っていることしかできない機動隊



次は2月4日 東京高裁での現闘本部裁判11時開廷

裁判前に高裁包囲デモを行います!!

9時半霞門集合

結集よろしくおねがいします。



※追記

ガードマンは法大と同じ違法警備会社東京警備保障でした。

現地の方によると、着メロが君が代のガードマンもいたとのこと。



スポンサーサイト



3・20イラク反戦集会実行委員会開催!

法政大学 学生運動
01 /31 2011
 27日、3・20集会の第一回実行委員会が開かれました。

 全学連織田委員長が「朝鮮侵略戦争を阻止しよう! 沖縄新基地建設を阻止し、日米安保を粉砕しよう!」「戦争と大失業の菅政権を倒そう!」「法政大学の監獄体制をぶっとばせ!」という集会スローガンを提起し、「3・20から新しい運動を開始しよう。戦争が始まった今こそ全社会に法大闘争を訴えたい。法大生が本気で集まり、本気で訴え、本気で闘う集会にしたい」と訴えました。
http://www.youtube.com/watch?v=cey6tsQ_jXs


文化連盟委員長・斎藤君も「反戦と法大を一体で訴えたい」とアピール!
http://www.youtube.com/watch?v=vH2azd0mi5o

「ビラまき禁止仮処分」に怒りの反撃を!!

法政大学 学生運動
01 /30 2011
 エジプトを始め全世界で労働者・学生が怒りの決起を開始しているこの情勢下で、私たちは何よりも今こそ法大闘争の勝利に向かって突き進もうということを改めて熱烈に訴えます。

 そして2月1日の「ビラまき・情宣禁止仮処分」への怒りの反撃として東京地裁前の大情宣への結集を訴えます。

 今回も法大当局は「営業権」を掲げてビラまきを禁止しようとしています。

 法大当局は新聞記事を証拠として提出しており、その中身は「激しい学生争奪戦」「大学にとっても、受験者数の低下は経営に直結する”死活問題”」といった記事が並んでいます。

 絶対に許すことはできない!
 教育をビジネスと化し、受験生を3万5000円としかみなさないという、まさしく学生を処分する一方で金儲けのみを追求していく法大当局の腐りきった姿がここにあらわれれているではありませんか!!

 大学の「営業権」など粉砕あるのみです!!
 2月1日、是非東京地裁前に集まってともに怒りの声をあげよう!!

「情宣禁止仮処分」ぶっ飛ばせ!
東京地裁前大情宣

日時 2月1日(火)11:30
場所 東京地裁前




大きな地図で見る

エジプト革命情勢!!

法政大学 学生運動
01 /30 2011


http://www.youtube.com/watch?v=hhg1Go7cRJo&feature=player_embedded


 みなさん!
 いまエジプトで軍事独裁政権=ムバラク政権打倒の大デモが闘われています!

 さらにはエジプトのみならず、チュニジア、イエメンほか中東各国で数万規模の大デモが勃発しています!
 それは軍事独裁政権への怒りであるとともに、青年労働者への大失業の強制に対する怒りでもあります。
 本質的に言って、我々や全世界の怒りと完全に一体のものです!
 断固連帯して闘おう!

 すでにエジプトでは軍隊の反乱が始まっており、まさしく革命情勢そのものです。
 親米政権であるエジプトで革命がおきれば、イスラエルが孤立しアメリカの中東石油支配が完全に崩れ落ちることは明白です。
 帝国主義を打倒し侵略戦争を阻止していく圧倒的展望がまさにいま生まれようとしています。

 エジプトに続き、日本でも3月20日は渋谷で大デモを巻き起こそう!!

朝鮮侵略戦争を阻止しよう!
沖縄新基地建設を阻止し、日米安保を粉砕しよう!
戦争と大失業の菅政権を倒そう!
法政大学の監獄体制をぶっ飛ばせ!

イラク開戦8周年
3・20集会・反戦大デモ
とき:3月20日(日)13時
ところ:代々木公園B地区 
(JR渋谷・原宿駅より徒歩5分)
 

5・28法大弾圧裁判控訴審判決公判へ!!

法政大学 学生運動
01 /30 2011
 約3年前の2008年5月28日、でっち上げで不当逮捕された法大生、新井君と中島君のいわゆる「5・28法大弾圧裁判」控訴審判決がいよいよ来月2月の28日に行われます。

 この裁判は法大弾圧裁判初の無罪判決を勝ち取り、検事の側が控訴して行われている裁判です。

当時の動画
http://www.youtube.com/watch?v=bh3-woP4590&feature=player_embedded


 東京高裁は不当にも逆転有罪を狙っています。
 「でっち上げ不当判決を許さない!!」の声を東京高裁に向けてガンガンあげていこう!!
 是非、傍聴に結集をお願いします!!

5・28法大弾圧裁判控訴審判決
2月28日(月)10:00~
東京高裁にて
※傍聴券配布のため、40分前に結集お願いします

資料:被告人の最終弁論
※力作です(被告人談)
↓↓↓
ダウンロード(txt)

続きを読む

「情宣禁止仮処分」を徹底弾劾する!

法政大学 学生運動
01 /28 2011
 倉岡さんへの不当処分を狙う法大当局がまたしても大暴挙に手を染めた!
 2月の入試において法大の半径200メートル以内で「ビラをまく」「演説をする」あるいは「徘徊・滞留」すら禁止し、違反したら罰金100万円という「情宣禁止仮処分」を昨年に引き続き今年も裁判所に申し立ててきたのだ。(ちなみに当局の側の弁護士は元汚職警官・芝昭彦だ)
 絶対に許せない!
 学生から政治を奪う法大当局を仮処分もろともぶっ飛ばそう!

 そもそも昨年2月、法大当局は「情宣禁止仮処分」を強行しておきながら、申し立てられていない洞口さんら6人の学生がビラまきを行ったことに対して「通行妨害」だとでっち上げて国家権力に不当逮捕させたではないか!
 結局、裁判所の決定すら踏み越えて弾圧を行っているのが法大当局と国家権力だ。「情宣禁止仮処分」などそもそも破産しているということに他ならない!

 一方で法大当局は追いつめに追いつめられている。
 倉岡さんへの処分理由を何とかでっち上げようと「授業準備妨害」なる看板まで持ち出すも学生の怒りに追いつめられて結局破産し、倉岡さんが4月からキャンパスに戻る展望が圧倒的に生まれている。
 法大当局はたった一人の決起に心底恐怖しているのであり、だからこそ無茶苦茶な弾圧を仕掛けてきているのである。危機はむしろ法大当局の側なのだ。
 だからこそ学生一人の行動が決定的だ!
 倉岡さんへの不当処分、全面禁酒、仮処分、こうしたものを吹き飛ばす学生の大運動を開始しよう!

 2月1日の14時から、この「情宣禁止仮処分」の審尋が東京地裁にて行われます。
 私たちは不当な決定を下そうとする裁判所に対して当日の11:30から大情宣をやります。
 法大生の皆さんと全ての闘う仲間のみなさんへ結集を呼びかけます!
 「情宣禁止」ぶっ飛ばし、倉岡さんへの処分を阻止して法大闘争に勝利しよう!!

「情宣禁止仮処分」ぶっ飛ばせ!
東京地裁前大情宣

日時 2月1日(火)11:30
場所 東京地裁前




大きな地図で見る

【速報】仮処分弾劾!!

法政大学 学生運動
01 /27 2011
法大当局が昨年に引き続き、入試情宣をやらせないための仮処分を申請してきました。

ナンセンス!!

徹底弾劾しよう!!






JAL本社前シュプレヒコール!

法政大学 学生運動
01 /25 2011

CCU組合員に法大のビラをまく斎藤君

法政大学 学生運動
01 /25 2011

解雇当該のCCU委員長・内田妙子さんの発言

法政大学 学生運動
01 /25 2011

日航本社の弾圧職員

法政大学 学生運動
01 /25 2011

只今、日航本社前抗議行動中!!

法政大学 学生運動
01 /25 2011
不当解雇撤回!!
全学連・文連も共に闘うぞ!!






人間環境学部教授会は倉岡さんを処分するな!

法政大学 学生運動
01 /21 2011
 みなさん!
 いよいよ倉岡さんへの処分攻防もクライマックスになって参りました!

 人間環境学部は1月の教授会でも処分の議題を出すことができず、この2~3月の教授会でも処分議題を出すことが出来なければ本当に倉岡さんがキャンパスに戻れるという情勢です。

 倉岡さんがキャンパスに戻ってくるということ。
 それは法大当局への致命的なまでの大打撃であると共に、法大生にとっての勝利の展望そのものです。

 「お願い」ではなく反乱を!
 倉岡さんへの不当処分を阻止し、文化連盟のもとに全学生は団結し、全面飲酒をぶっ飛ばし学生が権力をとっていく2011年法大決戦の大爆発を勝ち取ろう!

 全てはこの1~3月の闘いにかかっています。
 今こそ「不当処分阻止!」の署名をガンガンに集めよう!!
 教授会へ「倉岡さんを処分するな!」という声をガンガンにあげよう!!


 さてみなさん。
 先日、飯田橋駅をたまたま長峰が通りがかりました。


↑人間環境学部 学部長 長峰登記夫
法大卒
担当科目は労働環境論
法政大学教職員組合「全法政」の元委員長
常務理事の浜村彰と共に学生時代は学生自治の牙城、学生会館にたむろし労働法研究会を主宰

 洞口さんら文化連盟の学生は長峰をその場で「倉岡さんを処分するな!」と徹底追及。
 長峰は「そんな議題は出ていない」「自分も教授会も処分するつもりはない」と逃げの一辺倒でしたが、しかしそこは悪名高きタヌキ教授の名を欲しいままにする長峰。今までその言葉に何度騙されてきたことか。

 2008年秋、長峰は「倉岡さんは処分しない」などとのたまってたにもかかわらず、舌の根も乾かぬ2009年1月に3ヶ月の不当な停学処分。
 さらに処分があける4月にも再び6ヶ月の追加停学処分。
 そして8ヶ月も獄中に囚われていた倉岡さんに、出てきてすぐの2010年3月にも停学一年。
 ウソとペテンにまみれた恥多き法大教授の中でもコイツほど「タヌキ」という言葉が見合う奴もいないであろう。
 
 この日も「学部長には処分をどうこうする権限などない」などと言い放ちました。何という無責任!!
 2009年の不当処分の時も「上(理事会)に言われたから仕方がない」などと言って結局は処分を追認し、そうしたポーズをとりつつむしろ積極的に推進している人物こそ長峰です。
 このタヌキ教授・長峰を我々は絶対に許さない!
 理事会同様、地獄の底に落とす決意である。
 

 人間環境学部教授会執行部にはこの長峰のほかに主任の弾圧教授・梶裕史と副主任のエスター・ストックウェルがいます。


↑梶

↑エスター

 学生を弾圧し倉岡さんへの処分を策動する人間環境学部教授会執行部へ怒りの声を集中しよう!!
 人間環境学部へ徹底抗議の声を!!

抗議先↓
人間環境学部
電話  03-3264-9372
メール jkankyo@hosei.ac.jp


 そしてなにより重要なのは、法大生が直接行動に立ち上がることです。
 09年にも倉岡さんへの処分を阻止する為にサークル員が集まって抗議の声を上げるという事態が起こっています↓


 全面禁酒への怒りと一体で、全サークル員・全法大生は倉岡処分に対する怒りの声行動に立とう!!
 3月20日、渋谷で共に大デモをやろう!!

沖縄・辺野古への新基地建設阻止!
朝鮮侵略戦争反対!菅政権打倒!

イラク反戦8周年
3・20集会・渋谷デモ
とき:3月20日(日)13時
ところ:代々木公園B地区 
(JR渋谷・原宿駅より徒歩5分)

ぼくちゃんメールに夢中

法政大学 学生運動
01 /19 2011
学生センター松崎

勤務中にメールに夢中


弾圧のやる気なし




今日の半澤はやる気がなさそうだ

法政大学 学生運動
01 /18 2011

本日の昼!!

法政大学 学生運動
01 /18 2011
法大生から署名がとれました!!
ありがとうございます!!






おはようございます!

法政大学 学生運動
01 /18 2011
ビラまきをする学生を無断で撮影するヤクザ部隊!ぜっったいに許せない!





1/13法大包囲デモ打ち抜いたぞ!

法政大学 学生運動
01 /17 2011
次は渋谷で学生の
大反戦デモだ!




 1月13日、「『お願い』ではなく反乱を!」「倉岡さんへの処分阻止!全面禁酒粉砕!戦争反対!」を掲げた法大包囲デモを打ち抜きました!
 この日は法大1年生や首都圏の学生が次々と発言に立ち、「学生は今こそ行動しよう!」という熱気と展望に満ちあふれる集会・デモとなりました!
 12日に行われた人間環境学部教授会は倉岡さんへの処分を議題にあげることも出来ず、4月から倉岡さんが処分を粉砕してキャンパスに戻れる展望が生まれています。
 次は3・20イラク反戦渋谷デモです!戦争も処分も学生の未来や可能性を奪う攻撃である以上、今こそ全学生は処分阻止闘争と反戦闘争に立ち上がろう!
 その結集軸こそ、3月20日に行われる「イラク開戦8周年3・20集会・渋谷デモ」です。
 あらゆる怒りを結集し、渋谷から反乱を開始しよう!
 皆さん是非、総結集を!

人環3年・倉岡雅美さんのアピール


 2011年という私たち学生が胸躍る時代がやってきました。この時代は戦争がはじまり内定率がどんどん下がり学生の存在や誇りがどんどん貶められる、そんな絶望やあきらめの時代ではなくて学生こそが大学の主人公であり社会の最先頭で行動する壮大でダイナミックでエネルギッシュな年がいま幕を開けました。
 私は人間環境学部3年の倉岡です。現在停学一年の処分を受けています。そしてこの停学一年の処分は3月の末日で終了します。私に対する追加の処分がかけられようとしている中、人間環境学部教授会では処分の議題が一切上がっていません。私たちが訴えている処分を阻止しよう、処分を阻止して飲酒規制をぶっとばそう、このことは何か私たちの希望だとかお願いだとか欲求とかいうレベルではなくて闘いの実践を持って処分を阻止できる、誰もがそう確信できる情勢に入っています。
 今求められていることは学生が我慢することではありません。学生が目に見える形で手に届く距離で行動を開始することです。
 これほどまでに学生の行動が求められている時代はありません。世界中の誰しもがこんな社会おかしいこんな大学おかしい、こんな大学ぶっつぶれたほうがいい、誰しもがそう思っています。あなたの思いはあなただけの思いではなくて、世界中の誰しもが、この市ヶ谷キャンパスにいる誰しもが思っている思いです。
 今求められていることは、自分の心の中に秘めている思いをストレートに素直に根底的にその思いを外に向かって発揮する時です。それが今日の法大包囲デモです。
 ピロティ下の机には「宮崎センター長死ね」そうやってナイフで深々と彫られている。これほどまでの怒りが爆発しています。法政大学を爆破しよう、こんな大学を変えよう、その爆発力はあなたが行動することです。あなたがビラを受け取る、その行動そのものがものすごく法大当局に打撃を与え、この法政大学の支配そのものを爆破する最も恐ろしい力となっています。
 私は今学生の本分に悖る、そういう理由で処分を受けています。ビラをまくこと、マイクでアピールすること、それが学生の本分に悖る。その一方で法政大学がやっていることは何ですか。みなさん飲酒規制を見て下さい、法政大学が行おうとしていることは規制というレベルではありません。今みなさんが使用しているボアソの一階の食堂、あの食堂が居酒屋になる、これが大学のやることなんですか。こんなことがまかり通っていいのか、学生が泥酔者を出す、すべてが学生の責任にされて挙句の果てにはお酒を出す業者がこの法政大学に入ってくる、こんなことを認めたならば、今使っている外濠校舎の会議室でもそのうち金払え、会議室1時間使用するごとに1000円払え、ピロティ下でたばこ吸うんだったら500円払え、こんなことがまかり通ってしまいます。
 今こそ学生が従順に従うことではなくて、学生のエネルギッシュな反乱をおこそう。怒りを燃やそう。体制をぶっ潰そう。この法政大学の支配をつぶして、つぶして、ぶっ潰そう。
 処分は絶対に阻止できます。処分を阻止して、飲酒規制をぶっとばそう。学生はおとなしい、学生は行動しない、こんな法政大学の学生観、CSKや学祭実の学生観を根底からぶっとばしていきましょう。そして処分阻止を現実のものにしていきましょう。よろしくお願いします。
 2011年も心を一つにして法政大学増田支配、増田も菅もぶっとばそう、一緒に行動していきましょう。

法大一年生のアピール!!

僕は法政大学の一年の者です。
 僕の方から述べたいのは昨年の12月22日の学生の飲酒ルールに関する説明会で大学側から一方的に通達された市ヶ谷キャンパス内における全面禁酒についての矛盾、何で全面禁酒が問題なのかっていう理由をちゃんと説明していきたいと思います。
 まず最初に言っておかなくてはならないことは、飲酒規制は誰が進めてきたのかって事だと思うんですよね。これは大学が昔から一方的に進めてきたことであって、学生の主体的意識で飲酒規制やろうぜって言ってきたことではないっていうことなんですよ。
 次に確認しておきたいことは、何で飲酒規制するんですかって大学に聞くと、彼らは「学生の安全のため」「健全な教育環境を守る為」そういう風に答えをしてくるわけですね。しかし今回全面禁酒の飲酒ルールの新しい案を見てみると、矛盾があるわけです。大学側は、一万円以上の食費だの会費だのかかる飲酒だったらいいんだと、正し酒は大学側が提携してる会社から金を払って酒を買えと、そういう風に言ってるわけですね。
 本当に学生の安全を考えてるとか、教育環境を健全に保つ為っていうんなら、金払おうと何だろうと絶対飲ませないって言うと思うんですけど、結局は金払えば酒飲んでいい、酒飲むなら大学に金払え、大学と提携している企業に金払え、要するに金儲けがしたい、そう言っていることに他ならないと思うんですよね。
 全面禁酒なんて結局、酒飲めない人にとっての問題じゃないかっていう、そういう意見とかあると思うんですけど、そんなちっちゃい話ではないんだっていうことですよ。これは完全に大学側が学生を支配する為の行動の一環なんですよね。要するに酒を学校側に申請しないと飲めないっていう状況を作ることによって、揺るぎない上下関係を大学と学生の間に作ろうとするのが大学の意図なんです。学生は大学に頼まないと酒を飲めない、大学にお金を払わないと酒を飲めないんだっていう常識を学生に植え付ける為にこのルールを一方的に出してきたと。そもそも一方的に出してきたルールを守ることに何の意味があるのかって事を言っておきたいんですよ。ルールって言うのは自分で作るから自分に責任が来る訳じゃないですか。だからみんな守るんじゃないですか。ただ人に言われたルールを、奴隷的に従順に従ってるだけで人間性が育ちますか。教育になりますか。
 大学がやりたい事ってのは結局、教育なんかしたくない、そういうことより酒を金払って買えと、俺たちの言うことをただ守ってればいいんだと。そんなことを許していいのかと言うことです。
 こういった飲酒問題とか、看板の不当撤去とかに、つまり大学側の矛盾に声を上げた倉岡さんという人がいるんですけど、この人は今、法大側から不当な処分を受けています。おかしいことをおかしいと言った人をたたき出す、そしてまた学生の学費とか使って何をやったかって言うと、今目の前でジャージ着てカメラ撮ってるゴロツキみたいな奴を雇ってる訳なんですよ。教育したくない、教育の為なんかに金使いたくない、むしろ学生に金払えとか言ってきてさらに学生から取り上げた金を何に使ったかって言うと、学生を叩きつぶす為に使ってるんですよ。本当に出て行くべきは倉岡さんじゃなくてそこにいるゴロツキみたいなジャージ着た奴じゃないんですか。学費使って何やってるんだと。
 最後に僕が言いたいことは、もうこんな大学とは闘っていかなきゃいけない、そういうことです。今まで大学内では一応、大学側と話し合いで何とか飲酒ルールを守っていこうよっていう動きがあったんですよね。個別的にも、中にあったんですけど、結局それが破綻したということが今回明らかになったんです。大学側と話し合おう、お願いして頼もう、その路線が今回破綻してしまった、完全にもう駄目だということがわかったわけですよ、昨年の12月22日の学生の飲酒に関するルール説明会ではっきりしてしまった。じゃあどうしたらいいのか。もう学内に闘う勢力はない、大学に文句言える勢力はない、じゃあどうしたらいいのか。だからこそここの文化連盟という人と一緒に闘おうじゃないかと僕は訴えたいわけです。

首都圏大学1年生のアピール


 今日僕たちはこの時代をどう見ているのかということを冒頭訴えます。
 本当にこの時代、菅民主党政権なんか続かない、もう3月で国会が解散するかもしれない、そんなボロボロな政権なのに財界の連中なんかは菅政権を支えるんだとかやっぱり沖縄に基地は必要だ、菅政権を支持しよう、こんなことを言っているんですよ。展望のない政権を一緒になって支えようとしている。だけど僕たちはこれに対してこの時代はそんな暗黒の時代じゃなくて、本当に展望に満ち溢れた時代なんだという風に見ています。
 それはなぜか、法大生の怒りを昨日今日で見たからだということです。法大生は何を言っているのか「こんな大学、こんな社会爆破してしまえ」こういう風なことを言っています。本当に大学の中に怒りが満ち溢れている。展望のない菅政権の下で縛りつけられる授業就活、単位こういう風に言って、こんな展望のない社会に学生がイスに座らされて、本当につまらない授業を毎日毎日受けさせられる。こういう者に対して本当に怒りがキャンパスから今巻き起こっているんだということです。この怒りに僕はキャンパスを変える、社会を変える展望を感じます。学生がこういう風に怒っている一方で、法大当局は何をやっているのかということです。それは全面飲酒規制をしてるんだということです。これまで飲酒規制に対しては法大生のみなさんが先頭に立っておかしいんじゃないかっていう不満、怒りをぶつけ、そして大学で自主的に議論してきた。にも関わらす法大当局は4月1日には全面禁酒するっていうことを言ってるんですよみなさん。法大生の意見をふみにじってるじゃないかということですよ。大学当局はこういう風にして学生を見ているんだということですよ。これを本当に今日の怒りのデモで根底から覆そうじゃないかということです。

上智大学4年生のアピール


 なぜいま、社会主義なのか。 なぜいま、過激派なのか。 その答えは、経済の現場に、政治の現状にあります。
 千葉県では、300人に満たないちいさな労働組合が、外注化というリストラを阻止した。
 だが、日本航空では巨大な労働組合が、ストライキすらうつことができなかった。その違いはどこにあるのか。
 動労千葉には、資本主義に対する社会主義、合理化に対する革命という代案がある。しかし共産党の指導する日航では資本主義やむなし、整理解雇やむなしという姿勢、そのけっか腕の立つ労働者、ベテランパイロット、ベテランキャビンアテンダントを守れなかった!動労千葉が大きな成果を収めることができたのは、仲間を切り捨てる妥協に応じないことができたからに他なりません、それは、社会主義、革命を武器とすることができたからです。
 資本主義の肯定、合理化非正規化の黙認という姿勢では、自分の生活を、職場を、誇りを守ることはできない。きっぱりと妥協をはねつけることは、交渉に勝利することは、社会主義を目指す勢力にしかできない。 だからこそ、我々は革命勢力であり、過激派なのです。
 新自由主義、資本主義、競争社会では、貧困も、過労死も、自殺も、自己責任でしかない。いま就活で、勉強で、悩んでいるあなたの苦しみを自己責任だ、自業自得だと切り捨てることしか資本主義にはできない、だから我々は革命を掲げ、社会主義を目指しているのです。 いま苦しみ、もがき、自分自身を責めることで自分を奮い立たせようとしているあなたこそ、我々の話を聞いてほしいと思います。管政権にいかにリーダーシップを、指導力を、求めてもムダなんです。なぜなら彼らは資本家の利害に忠実に従うしかなく、資本家の利害に反する決断はできないからです。そもそも資本家の目線でしか現状認識できないからです。 この世界を正確に分析することは革命を目指す勢力にしかできない。本当に必要な決断は革命勢力、過激派にしかできないのです。だから我々は過激派なのです。

行動方針!


国鉄分割・民営化で不当解雇から24年
1047名解雇撤回 2・16集会
日時:2011年2月16日(水)18:30~
場所:すみだ産業会館(JR錦糸町駅下車徒歩1分)

沖縄・辺野古への新基地建設阻止!
朝鮮侵略戦争反対!菅政権打倒!

イラク反戦8周年
3・20集会・渋谷デモ
とき:3月20日(日)13時
ところ:代々木公園B地区 
(JR渋谷・原宿駅より徒歩5分)

旗開きに公安警察

法政大学 学生運動
01 /16 2011
キッズ広場に公安




本日、都政を革新する会団結旗開き

法政大学 学生運動
01 /16 2011

倉岡さん発言!

法政大学 学生運動
01 /16 2011

東大駒場キャンパスにも登場!

法政大学 学生運動
01 /15 2011
東大駒場キャンパスでも受験生から大注目でした。あちこちで討論になり、署名も集まりました。うちらを見て『法大の左翼の人だ』、『法大の学生運動の人だ』と言って挨拶していく受験生もたくさんいて、法大闘争の知名度があがっていると実感しました!






センター入試に登場!

法政大学 学生運動
01 /15 2011
不当処分が狙われている人間環境学部・倉岡さんを先頭に断固受験生にビラを撒き、署名を訴えました。



受験生にビラが圧倒的注目で、署名も2筆集まりました!!
ありがとうございます!!





そしてヤクザ部隊も入試に関わらず登場し、ビデオ撮影を受験生にまぎれて行ってました。
「受験妨害」などと法大当局はさんざん言ってきましたが、どちらが「受験妨害」かは火を見るより明らかだ!





受験生のみなさん!
2011年は全学連・文連と共に闘おう!!

総長室前!

法政大学 学生運動
01 /14 2011

総長室前!

法政大学 学生運動
01 /14 2011

デモ出発!

法政大学 学生運動
01 /14 2011

アピールの最後に斎藤君!

法政大学 学生運動
01 /14 2011

全学連委員長代行・坂野君アピール!

法政大学 学生運動
01 /14 2011

首都圏大学の学生よりアピール!

法政大学 学生運動
01 /14 2011

斎藤君発言!

法政大学 学生運動
01 /14 2011

3・14法大弾圧を許さない法大生の会

FC2ブログへようこそ!