FC2ブログ

スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

法大資本マツザキ打倒!

法政大学 学生運動
09 /29 2010
今日のビラに注目です




スポンサーサイト

JR資本打倒

法政大学 学生運動
09 /29 2010
今朝、駅で青年労働者を動員してこんなものが配られていました。
こんなことに金を使うな!




本日朝、学祭におけるビラ貼りの整理券配布!!

法政大学 学生運動
09 /28 2010
社会科学研究会も断固登場!!
サークル員に自主法政祭の大成功を勝ち取ろうということと、法大当局による社会科学研究会学祭企画の排除を弾劾しようと訴えました。

しかし何と、今回許し難いことに社会科学研究会サークル員が整理券を貰おうと配布所に向かったら、法大職員が待ち構えており「社会科学研究会には整理券を渡すな」と妨害!
しかもそれを学祭実行委員会は無言で追従!!
ナンセンス極まりない!!

大学当局に追従し、サークルを排除して行われる学祭など「自主」でも何でもない!!

社会科学研究会の排除と学祭規制弾劾!!
自主的・主体的な勝ち取るため、今こそ全サークル員・全法大生は声をあげよう!!



動画
http://www.youtube.com/watch?v=a7EWjmPSCjI


http://www.youtube.com/watch?v=4dDwNsi2Kfk


今日も雨…

法政大学 学生運動
09 /27 2010

法大門前集会動画集

法政大学 学生運動
09 /24 2010

GPA粉砕!

法政大学 学生運動
09 /24 2010
今、多くの法大生が深刻な顔をしてGPAが書かれた成績表を見ながら歩いています。



GPA粉砕!GPAがなんぼのもんじゃい!

※詳しい中身の展開は時間があるときに行います。

正門前にて

法政大学 学生運動
09 /24 2010
11・7労働者集会のチケット販売中!!







11・7全国労働者総決起集会




国鉄1047名解雇撤回!民営化・非正規化を許すな!
沖縄米軍基地撤去!改憲と戦争をとめよう!


▼日   時: 11月7日(日) 12:00

▼場   所: 東京・日比谷野外大音楽堂

▼呼びかけ: 全日本建設運輸連帯労働組合関西地区生コン支部

         全国金属機械労働組合港合同

         国鉄千葉動力車労働組合

         1047名解雇撤回闘争を支援する全国運動

本日の署名数

法政大学 学生運動
09 /23 2010


筆!!







開講ビラ二発目!

法政大学 学生運動
09 /23 2010

 













































1万筆の署名で不当処分撤回を!


  すべての法大生のみなさんに齋藤郁真君(法学部2年)、倉岡雅美さん(人間環境学部3年)、洞口朋子さん(経済学部2年)への「不当処分撤回1万筆署名」を集めようと訴えます。

 この処分は不当であると同時に、全学生の問題であると私たちは考えます。

 だからこそ私たちは全学的に「不当処分撤回」の声をあげ、1万筆の署名で処分を撤回し3名をキャンパスに取り戻そうと訴えます。

 

●全学生は団結しよう!



  処分撤回署名はすでに法大・首都圏大学で821筆、全国では1283筆集まっています。

 法大から始まった不当処分撤回の署名が、今や全国・全世界に広がっています。

 決定的なのは、300万学生の中から1万筆集めきろうということが訴えられていることです。

 学友への不当処分にはキャンパスを飛び越えて声をあげる。これが学生の持つ団結力であり、ラジカルさではないでしょうか。



 私たちは今こそ、こうした学生の自治であり団結が必要であると思います。

 90年代以降、学生自治会や学生会館、学友会といった学生の団結体がことごとく大学当局によって破壊されてきました。学生どうしは仲間ではなく競争する相手とされ、挙げ句の果てには「中国・インドの学生と競争しろ」(藤村キャリアセンター長)などということまで言われています。

 果たして私たち学生は本当に、大学の言うように競争させられるだけの存在なのでしょうか。大学に付き従うだけの存在なのでしょうか。 そんなことはありません!



 見たこともない学生の不当処分のために怒り、声をあげることが出来る存在…それが学生です。「不当処分撤回署名」はそうした展望を創り出してきました。私たちが団結すれば戦争を止め、大学を変え社会を変えることだって可能です。未来の体現者たる学生・青年はそうした力を持っているし、また持たなければならないと思います。

 1万筆の署名が集まれば絶対に処分は撤回できるし、法大を変えることはできる!

 法大・正門前での署名に是非ご協力を! 団結して法大キャンパスを学生の手に取り戻そう!

 



 今年7月、経済学部教授会は洞口さんに対して「無期停学」処分を下しました。しかしこれは不当処分そのものです。処分の不当性について3点、訴えたいと思います。

 

●「授業妨害」でっち上げての処分!



  この処分は第一に、でっち上げであるということです。 洞口さんは6月に人間環境学部のクラスで授業前の時間にビラをまき、討論を呼びかけました。それはこの大不況・大恐慌と言われる時代の中で学生こそ行動に立ち上がろうと訴えるものであり、それ自体全く正当であり大学においてむしろ積極的に行うべきものです。

 それに対してあろうことか法大当局・経済学部教授会は「授業妨害」をでっち上げて洞口さんを処分したのです。



 事実、当該のクラスからは「洞口さんによる『授業妨害』は行われていない。処分反対」の決議が上がっています。教授も「授業妨害はなかった」と言っています。

 しかしそうした声を一切無視して法大当局は不当処分を強行したのです。

 この処分こそ学生の声を一切聞かずに、学生が討論することすら許さないということを強制していくものであり、その為にはでっち上げすら行うというものです。

 このでっち上げ処分に対して、全学生は「処分撤回」の声をあげよう!

 

●学祭規制と完全に一体の処分!



  第二にこの処分は、飲酒規制などをはじめとしたこの間の学祭規制と完全に一体のものだということです。 洞口さんは学祭規制に対して「絶対反対」を貫き闘ってきた学生です。

 7月11日に行われた学祭の全学説明会では、洞口さんは「施設管理権は大学当局にある」と言って学祭規制を認めようとする学祭実行委員会を新入生やサークル員と共に徹底追及し、30のサークルが学祭実行委員会に反対を叩き付けるという画期的な闘いが行われました。



 それは文字通り、当局ではなく学生自身の手で学祭を創ろうという訴えであり、具体的にはあらゆる規制に反対して学祭を成功させようというものです。

 学祭規制に最先頭で闘う洞口さんだからこそ、今回の処分は強行されたということに他なりません。

 そして重要なのはつい先日、洞口さんの所属する社会科学研究会の企画申請が、学祭実行委員会を飛び越えて一方的に法大当局から「不許可」を通告されたということです。これこそまさに、洞口さんへの処分と学祭規制が一体であることを示していると思います。 学祭規制と一体の不当処分に反対の声をあげよう!

 

●「学生は黙って従え」という処分!



  第三に何より決定的なのは、この処分こそ学生の自己決定権を奪い「大学の言うことに学生は黙って従え」と強制していくものに他ならないということです。

 法大当局は学生を大学の主体とは見なしていません。「営業権」や「施設管理権」といったものを振りかざし、学生がビラをまいたり演説したりすること、あるいは自主的に学祭を行うことすら規制してきているのです。

 学生が主体的に物事を考え、行動することは大学において当たり前のことです。それが一体なぜ規制されたり処分されなければならないのでしょうか。



 今や私たちに「キャンパスとは一体誰のものなのか」ということが問われていると思います。

 法大当局はまさにそうした問いに対して「大学は当局・理事会のものであり、学生はそれに黙って従うだけの存在」だと言っているのです。

 私たちは今こそ、洞口さんを先頭とした闘う文化連盟のもとで団結し声をあげよう!と訴えます。

 学生は決して当局に従うだけの存在ではありません。今こそ行動によって学生の自主性・主体性を取り戻そう!



 最後に訴えたいのは、反戦闘争や政治闘争の中でこそ学生の主体性は最も発揮されるということです。

 世界中でいま、学生や労働者のストライキやデモが巻き起こっています。11月7日には全国から学生や労働者が集まり、首都・東京のど真ん中で1万人規模のデモを行います。

 今こそ学生はこうした反戦政治闘争に立ち上がろう!

 共に「不当処分撤回!改憲・戦争に突き進む菅政権打倒!」の声をあげよう!


開講ビラ!!

法政大学 学生運動
09 /23 2010




1万人の大デモで

学生のエネルギーを解き放とう!

菅政権打倒! 11・7集会へ!






世界はダイナミックかつ劇的に動いている!



 法大生のみなさん!

 後期が開講し、いよいよ熱い! 熱い! 秋の闘いが幕開けしました。今、この時間にもフランスで、南アフリカで、公務員労働者を先頭にストライキが闘われ、インドでは民営化・非正規職化に抗議する1億人のストライキが行なわれています! 全世界で巻き起こるデモ、ストライキの嵐! 世界はダイナミックかつ劇的に動いています!

 そして、ここ日本も例外ではありません。11.7労働者集会を呼びかけている大阪のセメントの労働組合(関西地区生コン支部)は大手ゼネコンを相手に生コンの買い叩きに対して無期限ストライキで闘っています(裏面参照)。さらに千葉にあるJRの労働組合である動労千葉(同集会呼びかけ労組)もこの春、5波のストライキで東日本全体の検修業務外注化を阻止しました。政府や資本の攻撃に対して現状に屈服するのではなく、全世界で労働者の爆発的な闘いが巻き起こっています!



「しょうがない」をぶち破り、

学生のエネルギーを爆発させよう!




「日本では暴動が起きない」「日本人はおとなしい」-こんなことが問題になっているわけではありません。「労働者は闘っても勝てない」「労働者には力がない」と労働組合が資本と一体となって労働者の決起を押さえつけてきたのです。菅内閣には連合(労働組合のナショナルセンター)の闘わない労働組合幹部が4人も入閣しています。戦争と大失業、賃下げ、首切り、非正規職化・・・。誰もが現状への怒りと変革を渇望している中、労働組合が政府・資本の側につくのか、労働者の側につくのか-全ては労働組合をめぐる問題となっているのです。

 「民主党はおかしいけど他にやる政党はあるの?」「労働者・学生に力はあるのか?」-今、求められていることは、社会に満ち溢れているあらゆる怒りを1つに糾合し、現場の労働者・学生の本来持つ階級性と共同性、戦闘性を引き出す行動方針です。それが11.7全国労働者総決起集会なのです。「国が財政破綻しているからしょうがない」「会社の危機を救え」と労働組合が労働者の闘いを押さえつけている中、11.7集会に1万人の労働者・学生を結集されることができたなら必ずや日本の労働者・学生に展望を与え、首都東京から世界を揺るがす集会を実現することができます。この時代を絶望やあきらめの時代ではなく、社会変革の主体として歴史の最前線に躍り出る時代として、11.7労働者集会をともに闘い抜いていこう!



法大生はモノ・カネに

支配される存在じゃない




 法大の多くの教授は社会のことに関しても、大学内のことに関しても「国が決めたことだから」「理事会が決めたことだから」とすべて「しょうがない」という一言で片づけ、真理探究の場として現状を批判するどころか現状を追認しています。学生が未来を担う存在ではなく「サービス受給者」や企業に売り出す「商品」として貶められています。「学生は単位や就活、サークル補助金といったモノ・カネをちらつかせないと行動しない」-これが法大当局の学生観です。しかし前期、齋藤(法2)倉岡(人3)洞口(経2)さんの処分撤回署名は821筆を超えています。目の前の損得ではなく、学友のためだからこそ行動することができる-これこそが本来もつ学生の可能性やパワーなのだと処分撤回署名数が示しています。

 

学生の力で戦争を止め、社会を変えよう!

 今、釣魚台(「尖閣諸島」)をめぐって日本は軍事衝突を辞さずに資源と領土の略奪をやろうとしています。これこそ菅政権が推し進める改憲・戦争の正体です。これと一体でキャンパスでは「本当のライバルは中国の学生」(藤村キャリアセンター長)「国際競争力に負けるな」とアジアの学生・労働者に対して差別・分断・競争を煽っています。

 しかし、私たちは分断される存在ではなく学生こそ団結して戦争を止めようと訴えます! 文連委員長齋藤君は「政治運動・反戦運動の中でこそ学生が自分たちの可能性を取り戻すことができる」とアピールしています。

 学生を「商品」に貶める法大当局への回答は、学生が「社会変革」の主体としてキャンパスから反戦運動・政治運動に立っていくことです! 「民営化・非正規職撤廃 沖縄新基地建設阻止」をスローガンに掲げた11.7労働者集会に総決起し、学生の商品化に対して総反撃していこう! 隣の学友と競争することではなく、現状を覆していく歴史の主人公として学生の無限の可能性と爆発的エネルギーを社会に解き放っていこう!

署名をしてくれる人も!

法政大学 学生運動
09 /23 2010

元気に華麗にビラまき中

法政大学 学生運動
09 /23 2010
雨の中でも受け取る学生がいます




日和見主義ナンセンス!

法政大学 学生運動
09 /23 2010
学生自治ー自分たちのことは自分たちで決めよう!




雨にも負けず…

法政大学 学生運動
09 /23 2010

法大は祝日も授業

法政大学 学生運動
09 /23 2010
祝日授業なんかナンセンスだ




本日の昼集会!!

法政大学 学生運動
09 /21 2010

午後は正門のレーニン登場!

法政大学 学生運動
09 /21 2010

後期法大決戦始まる!

法政大学 学生運動
09 /21 2010
みなさん!
熱い熱い法大決戦の季節がやって参りました!!

「処分撤回」署名一万筆貫徹と、何より日比谷野音で行われる11・7労働者集会・一万人の大デモで菅民主党政権を打倒しよう!!

後期もよろしくお願いします!!



【2010年前半戦の闘い@movie】

法政大学 学生運動
09 /19 2010

首都圏キャラバン集約!!

法政大学 学生運動
09 /18 2010
この間の「不当処分撤回」首都圏署名キャラバンにて集まった署名は合計・・・



278筆!!






只今の法大・首都圏での署名数は821筆です。 

法大キャンパスももうすぐ開講!

一万筆の署名を集めきり、不当処分を撤回させよう!!



↓集まったメッセージを紹介します。










全学連大会に

法政大学 学生運動
09 /10 2010
文連三役が満を持して登場!!

法大決戦勝利へ圧倒的にアピール!!





ドイツの左翼新聞「リンケ・ツァイトゥング」に

法政大学 学生運動
09 /09 2010
 ドイツ学生による8月ヒロシマ・ナガサキ闘争などの報告記事がのってます。

http://www.linkezeitung.de/cms/index.php?option=com_content&task=view&id=9316&Itemid=199



タイトルは「REISEBERICHT AUS JAPAN - LAND DER AUFSTEIGENDEN ARBEITERBEWEGUNG」(日本からの旅行レポート - 労働運動が高揚する国)です。







初参加者のアピール第三弾

法政大学 学生運動
09 /04 2010
●首都圏大学4年生



立場の違い、細かい意見の違いを乗り越え、同じ若者、社会的存在の者同士として、私を受け入れ、真剣に議論してくださった皆さんの姿に、新しく素晴らしい全学連の未来を見たような気がしました。


続きはコチラをクリック↓↓

続きを読む

斉藤委員長より全学連大会アピール

法政大学 学生運動
09 /03 2010
「言葉の力」というものがある、とよく言われます。しかし、これは本当でしょうか?「言葉」は本当に力を持っているのでしょうか? 声は音の振動であり、文字は紙の上のインクです。それらは、質量としては微々たるものです。

「言葉の力」と言われるとき、それはいつも、人の行動で何かが変わったとき、または変わっていくときに使われることが多いことはみなさん知っていることでしょう。つまり、「言葉の力」は現実には「人間の力」なのです。言葉の持つ意味が、それだけでは何の意味も持たないその意味が、人間の力を引き出したときだけ、それは「言葉の力」と呼ばれるのです。それは人間自身が内に秘めていた力であり、人間の可能性のひとつの発露であって、決して言葉そのものの力ではありません。言葉は潤滑油にすぎず、世界を動かしているのはいつも人間です。

偉そうに批評したり、あきらめの言葉をもらしたり、それらをいくらやっても何も変わりません。なぜならそれは人間自身の力と結びつかないからです。現代には、批判のための批判が多すぎます。批判の本質は「間違っていると思うことへの怒り」であって、その結論は「間違っていると思うことを正すこと」です。行動なき批判とは、自己満足です。

今、学生は未来を奪われています。明らかに私たち学生のせいでないにも関わらず、不況のあおりを受け、不安からいっそう就職のためだけにひたすら粛々と毎日を過ごし、最も人間性を豊かに育て上げる時期である学生時代を台無しにされています。それにも関らず学費だけは上がり続け、親は苦しめられている。その学費はどこにいっているのかと思えば、たとえば法政大学では学費の40%はマネーゲームに流れている。それでも自らの未来のために大学に通えば、奨学金という名の借金づけにされ、展望の見えない社会に放り出される。未来を展望するはずの場所で未来を奪われる、この現状はいったいなんなのでしょう?

私たち学生は、今こそ声をあげなければなりません。声を行動にしなければなりません。それを結集し、私たち自身の軸を創り上げなければなりません。そして、この現状を変革しなければなりません。もはや去りゆく老人たちが過去ならば、私たちは未来です。だから、学生が団結すれば負けません。共に闘いましょう。

全学連大会への結集をお待ちしております。

本日のキャラバンは・・・

法政大学 学生運動
09 /02 2010


東大・駒場キャンパスです!





 



夏休み中にもかかわらず、東大は現在テスト期間とのこと!



そのためキャンパスはたくさんの学生で溢れかえっていました。





署名が集まる!集まる!



 



わずか1時間で18筆集まりました☆









メッセージを一部紹介します!



 







 







全学連大会まで、残り7日です!



全国学生の団結で法大闘争に勝利しよう!



新入生のアピール第二弾!

法政大学 学生運動
09 /02 2010
●法政大学1年生



「学生ちゅうもーく!!」「なんだぁー!?」

はい、どうも。飽きずにまたやっております(私はこういうのが好きなんです)。おはようございます、みなさん。

今回は記念すべき(?)第2波アピール行きます。



我々は資本主義の中に生きている。資本主義とは、市場の競争を通して富を手に入れる経済体制である。その富は、その勝敗の程度によって分配される。

つまり、勝てば大きな富を手中にでき、逆に負ければ富を得ることはできず、社会の底辺に突き落とされる。



「競争」ということは、確実に「勝ち」と「負け」があるのである。すなわち、勝ちが存在する分負けは存在し、負けは無くてはならないものとなっている。

その体制で、負け組が出てくるのは当然の結果であり、「どこまでいいヤツ」でも、負ければ社会の底辺に突き落とされ、生きていけない現実が待っているのだ。

今週の週刊現代でそれについての特集がありましたが、見出しには「秋になっても就職できない大学生だらけ」「暴動にならないほうがおかしい」とすら書いてあり、かなり危機感を感じたが、問題はそこにある。



おおざっぱに言うと、この社会の根本体制は、貨幣を富だと思い込み、「その富なる物」をだれよりも多く持つことに根幹がある。

ここについての説明は本当に長くなるので省くが、現在の採用率の低下はこの原理によって説明がつく。つまり、人員を削減して人件費を少なく買い、自分の作り出す商品(米でもタクシーの運転でもなんでも)をたくさん売って金もうけをすることに主眼が置かれる。恐慌の時は、それがさらに促進され、「過労死」や「ワーキングプア」といった、生きていくのがやっとの人生を強制される。

だから今日の採用率となっているわけだ。



だが、みなさん。私はカルトの扇動家で無いから、宗教じみたことを言うのが一番嫌いなのだが、私は一つだけの光筋があると思う。

世間一般でいわゆる「死んだ思想」、マルクス主義にその展望があると思う。

私も、たった数か月前までマルクスを「死んだ思想」と評価していたが、いざ手を出してみると全く違っていた。

特に『資本論』にかなり正確に問題点がとらえられている(さらに補完をしたいならレーニンの「帝国主義論」をぜひ御読みください)。



150年以上も前から「サービス業」の存在を予測し、「貨幣の基軸が金を離れ、貨幣が貨幣を基軸とする」と予言していたことには驚きを隠せなかった。



そして、それを行動化している労働者の活動を知ってびっくり。資本と非和解で戦っている人間がいるのか。

しかも、それにかかわっている人間はみんな生き生きしているのだ。それも、無理やりそういう雰囲気を作らされているわけではなく、みんなが楽しそうにやっているのだ。そんな顔を見て、私はこう思う。



学生であっても、団結して闘えば勝てるのだ。恐れずにその一歩を踏み出そう。生きる気力と活力に満ちた人間でありたいなら、来てみるといいだろう。みんなが温かくあなたを迎え、生きる気力と活力を分けてくれるはずだ。



彼らは未来に向かっていく若さと気概にあふれている。それに乗るのは悪いことではない。むしろ、いいことだろう。今の暗い現実に縛られるより、これから先にあるであろう希望のある未来を実践させていきたい。これから作る未来の世代のためにも。



学生諸君、全学連大会に来られたし!!ともに杯を交わし、現実ではなく未来を語り合おう!!

あなたの思い描く、明るい未来をお聞かせください。全学連はあなたと共に、明るい未来を切り開くことを約束します。



全学連第71回定期全国大会



【日時】 9月9日(木)~10日(金)

【会場】 文京区民センター

【参加費】 1000円(会場費、資料代など)※宿泊費は除く




参加したい方はコチラ↓↓に是非ご連絡を!!

全学連:メール  mail_cn001☆zengakuren.jp(☆を@に変えて使ってください)

国立駅が大盛り上がり!!

法政大学 学生運動
09 /01 2010
2時間ですべてのビラをまききり、
署名は、43筆集まりました!!

「絶対負けないでほしい」とカンパをくれた保育労働者の女性や、手作りの貝のストラップをくれたおばあさん、そして多くの学生と出会うことができました。





全学連大会まで、

あと8日です!!

本日のキャラバンはこちら

法政大学 学生運動
09 /01 2010

本日の署名数は

法政大学 学生運動
09 /01 2010
24筆です!!

3・14法大弾圧を許さない法大生の会

FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。