FC2ブログ

スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日、ゴールデンウィーク突入集会!!

法政大学 学生運動
04 /30 2010
スポンサーサイト

本日の昼集会

法政大学 学生運動
04 /29 2010

4・28沖縄デー集会の動画

法政大学 学生運動
04 /29 2010
http://www.youtube.com/watch?v=UajRt_vxdY0

文化連盟委員長・齋藤郁真君のアピール

http://www.youtube.com/watch?v=9dCn09vlpSQ


全学連委員長代行・坂野陽平君のアピール

http://www.youtube.com/watch?v=JVRoF3kC8WY

デモ中!!

法政大学 学生運動
04 /28 2010

集会始まる!!

法政大学 学生運動
04 /28 2010

4・28沖縄デー集会

法政大学 学生運動
04 /28 2010
もうすぐ始まります!! 沖縄10万人決起と連帯し、本土からも「基地撤去」の巨大な火柱をあげよう!! 民主党・鳩山政権を打倒しよう!!


法大-沖縄、怒りは一つだ!

法政大学 学生運動
04 /26 2010

 法大生のみなさん! 歴史的な闘いが始まった! 4月23日法大では、当局・「ヤクザ部隊」の監視・弾圧を打ち破り、「不当処分撤回! 監獄大学粉砕! 法大解放集会」が闘いとられた。4月25日には沖縄で10万人が反基地の拳を突き上げた。敵は一つ、怒りは一つだ。
 文連委員長・齋藤郁真君への退学処分、すべての不当処分の撤回へ、闘いはこれからだ。学生証チェックも、正門・キャンパス中央の封鎖も、監獄支配への法大生の怒りの炎に油を注ぐだけだ。「教育の民営化粉砕」で全世界の学生と団結を! 沖縄の怒り、世界の闘いとつながって勝とう! 4・28沖縄デー集会へ行こう!

「退学処分」と米軍基地への怒り爆発!

 4月23日(金)、文化連盟の呼びかける法大解放集会に労働者・学生250人が集まり、「キャンパス中央・正門封鎖」「機動隊による集会妨害」という制動をはね返し、集会とデモをやり抜きました! 集会-デモには新入生が合流し、ともに「不当処分撤回! 学生証チェック弾劾!」の声をあげました。
 そして25日(日)には、沖縄において「普天間基地撤去-米軍新基地建設阻止」を掲げた10万人の大集会! 戦争を止め、鳩山政権を吹き飛ばす歴史的な闘いが開始されました。
 「法大と沖縄」――権力者どもが戦争のための基地を押しつけ、自称「教育者」たちが学生を商品として金儲けのダシにし、暴力的支配で未来を奪う。戦争と「教育の民営化」への怒りも一緒なら、敵もまったく同じ政府と資本家です。
 沖縄10万人決起で、3月カリフォルニア・教育ゼネストに続き、ついに私たち法大生にとっての最大の「援軍」が登場しました。沖縄のうねりとつながろう! 団結して立ち上がれば絶対に世界は変えられる。



キャンパス封鎖は学生の団結への恐怖

 4月23日、すべての法大生が目にしたように、キャンパス中央は封鎖され、窓にはブラインドが下ろされ、法大は戒厳状態となりました。法大当局はいったい何を恐れていたのか? それは、法大生が声をあげることです。文化連盟・斎藤君への処分撤回要求署名が連日集まり、先週には1年生クラスから「新入生への学生証チェックをやめよ!」の決議が上がりました。これに対する法大当局の答えはただ、「学生は黙って従え!」であり、「集会を見るな、聞くな、参加するな」「集会は機動隊を使って排除する」の恫喝でした。
 沖縄では老若男女10万人が未来に向かって行動を始めている時に、法大当局はどれだけみじめな姿をさらしているのか! 集会を妨害しようと学生を追いまわす教職員たちこそ、沖縄に基地と戦争を押しつける日米の支配者どもと同列です。
 しかし、この戒厳体制を突き破り、決議クラスから新入生が合流し、デモへの飛び入りも生まれました。全国各地から集まった250人の労働者・学生は、「教育の民営化」への怒りで団結し、堂々デモをやり抜きました。



法大生の力で絶対に処分は撤回できる!

 学生を蔑視・支配するヤクザ部隊も追放できる! 4~5月、文化連盟のもとに団結して、さらに署名を学内で拡大しよう。
4・28沖縄の怒りとつながろう
 沖縄の人口140万人。その中で10万人が直接行動に立ち上がったことは、歴史を揺るがす事態です。資本主義が大恐慌で崩壊する中、労働者・学生が行動によって未来を切り拓いていく時代が始まりました。
 10万人決起は、①非和解で鳩山政権打倒にまで突き進み、②戦争絶対反対を貫き、③日米安保を粉砕する闘いです。それはつまり、この社会のあり方を根底から問い、変革していくものです。
 法大生はこの怒りとつながろう、沖縄と団結して戦争をとめよう、闘いにたち上がろうと心の底から訴えます。行動すれば変えられる時代。キャンパスから「教育の民営化阻止!」「戦争のための基地撤去!」の叫びを爆発させよう。4・28沖縄デー集会(日比谷)&5月沖縄現地闘争に参加しよう!

4月25日沖縄県民大会報道

沖縄闘争
04 /26 2010

沖縄県民大会が10万人の結集で大高揚!!

法政大学 学生運動
04 /25 2010

 一昨日の4・23法大解放集会に続いて闘われた「米軍普天間飛行場の早期閉鎖・返還と、移設に反対し、国外・県外移設を求める県民大会」は、全県全国からの9万人の結集で画期的大勝利をかちとりました。前日には八重山で700人、宮古で3000人。文字通り10万人決起が実現した!
 鳩山政権が、めぐりめぐってあらためて辺野古沿岸の現行計画の修正案(しかも、一度破産した杭打ち桟橋案)に舞い戻るなか、基地建設への全県民的な怒りが爆発!
各地の地域実行委員会のバスは絶え間なく結集し、集会が終わるまで会場に向かう人波は途絶えなかった。この労働者の怒りの噴出の中で、集会には41市町村長全員が参加し、最後は仲井真知事も参加せざるをえなくなった。
 仲井真の発言は「自分は日米安保は必要だと思う。しかし、沖縄に負担が集中しすぎている。全国で負担を分かち合うべき」という許し難い発言でしたが、そんなものを吹き飛ばす労働者の怒りがある。
 今回はグアムからの連帯メッセージも届いており、徳之島の激しい闘いの爆発もあり、やはり沖縄の闘いは、県外や国外への移設でもなく「基地はいらない!」というストレートな怒りとなって爆発していく以外にない。
東京への要請団に対するカンパは500万円も集まっており、鳩山への戦闘宣言として今日の闘いは打ち抜かれた。5月へ向かって鳩山・日帝を打倒し、基地と日米安保体制を、根底的にぶっ飛ばしていく決定的闘いが始まった!

 集会に先立っては、沖縄労組交流センターと全国から駆けつけた労働者・学生30人で参加者への情宣・ビラ撒きをやりました。「普天間即時閉鎖!辺野古新基地阻止!日米安保をぶっとばせ!」「国鉄1047名解雇撤回闘争の新たな発展で、鳩山政権を打倒しよう!」という2本の横断幕を掲げて登場。続々結集する参加者に総計12000枚のビラを撒ききった!
 6人の代表団で登場した全学連は、隣で何の実践もなく「安保破棄めざして闘おう」という意味不明なスローガンで現れたカクマルの常任部隊を押しのけて、解放的雰囲気をつくりだしながら元気にビラ撒き。そして、坂野委員長代行が先頭で、「もうゼネストぐらいやってやりたいという怒りでいっぱいだ!分断を打ち破り、団結して闘おう!」とアジテーション。

 さらに、辺野古現地で闘ってきたうるまユニオン副委員長の富田晋君が「どこに基地を移設するかではなく、安保そのものをぶっ飛ばそう!それが俺たち沖縄の思いだ。団結して闘えば基地は撤去できる。辺野古では実力で基地建設を阻止し続けてきた。職場から闘う労働組合を甦らせれば戦争も止められる。法政大では学生が大弾圧をはね飛ばして闘っている。沖縄‐本土が連帯して闘おう!」と訴え、ものすごい注目と共感を呼びました。
 三里塚反対同盟も、萩原進さん、市東孝雄さんが「決戦の三里塚は沖縄と共に闘う」とビラをもって登場し、全体で集会を牽引した。

 今日の県民大会の成功で、沖縄闘争は新たな闘いに入りました。国鉄1047名闘争攻防にかちぬき、沖縄・国鉄の結合、さらに三里塚・法大決戦との一体的闘いに発展させ、5~6月、改憲阻止!安保粉砕!鳩山打倒!に攻め上ろう!
4・28沖縄デー集会(18時、日比谷野音)に集まろう


県民大会大成功! 10万人が決起!

法政大学 学生運動
04 /25 2010
県民大会10万人(主催者発表93700人)が大結集



大渋滞で会場にたどり着けない人が、膨大にいることも報告されています。

4・28沖縄デー集会に集まろう!

法政大学 学生運動
04 /25 2010
沖縄県民大会10万人決起が爆発!巨大な闘いのうねりが、ついに始まった! 法大生は開始された沖縄人民の決起と連帯して闘おう
http://workersaction.web.fc2.com/flyer/428bira.pdf


普天間基地即時閉鎖、辺野古新基地建設阻止
沖縄-本土の怒りで、民主党政権を打ち倒そう

4・28 沖縄デー集会
4月28日(水)18時30分 日比谷野外音楽堂


本日、尼崎事故5周年弾劾闘争!!

法政大学 学生運動
04 /25 2010
「国定1047名は1047名だけの問題じゃない。おれは4者4団体に悪党扱いされたが悪党で結構。闘う者を悪党よばわりして闘わない連中は何なんだ。弁護士を解任する。動労千葉、労組交流センターとともに闘う」(成田さん)、「2200万とか言われているが問題は20万人が首を切られたことだ。尼崎事故でも高見運転士が殺された。金をやるから不当労働行為はなかったことにしろという絶対に認められない」(小玉さん)など和解案への怒りと1~3月の勝利への確信、明日の国労臨大粉砕決戦に乗り込むという決意にみなぎっています。

明日の大会に出されている国労本部の方針案には4・9和解案の「和解金」「団体加算金」「雇用の要請」は書いてあるけど、「受け入れの3条件」は書いてない許せないペテン。
 決意表明では国労幕張分会や新潟分会、動労西日本など全国の国労組合員が発言に立ちました。


4・25沖縄県民大会が10万人で闘われています!

法政大学 学生運動
04 /25 2010
今日25日、ただいまナマ中継しています!
http://ryukyushimpo.jp/news/page-148.html

沖縄県民大会開始!!

法政大学 学生運動
04 /25 2010
少なくとも数万人は集っています。


本日、沖縄県民大会!!

法政大学 学生運動
04 /25 2010
10万人集会と言われている沖縄県民大会がいよいよ始まろうとしていま
す。
全学連も坂野陽平委員長代行を先頭に決起しています。
「基地撤去」の怒りで民主党・鳩山政権を打倒しよう!!

4・23動画できました!

法政大学 学生運動
04 /25 2010
http://www.youtube.com/watch?v=P0q5JwdJbUE
4・23法大闘争の前半。朝のキャンパス封鎖~東郷公園~法大デモまでの記録。


http://www.youtube.com/watch?v=Wo27pH46vbc

4・23法大闘争の後半。警察権力との昼休みの攻防。総長室→市ヶ谷デモの記録

4・23法大闘争への海外連帯声明!

法政大学 学生運動
04 /24 2010
①ドイツの仲間から

4・23法大解放総決起集会への連帯声明

私たちドイツの学生は日本の学生のみなさんと連帯することを宣言します。

東京の法政大学は、日本と世界で進行する教育の民営化の典型的な例です。
法大理事会は、すでに過去において批判的な声を暴力的に抑圧してきました。今年になってからも、左翼的学生に対する弾圧はとどまることなく続いています。
私たちは、文化連盟委員長・斎藤郁真君に対する退学処分と全学連副委員長・倉岡雅美さんに対する停学処分を、法大当局が撤回することを要求します。

全世界の多くの大学で、批判的学生に対して同じような弾圧が好き放題におこなわれています。これに対して一緒に闘いましょう!

活気ある大学、自由な教育のためにともに闘いましょう!

私たちが国際的ネットワークを形成し全世界で団結して行動するなら、私たちはけっして負けることはありません。

すべての学生は団結しよう!

ハイデルベルク大学 教育スト実行委員会
マンハイム大学 教育スト共同行動
ハレ大学 教育スト実行委員会
マールブルク大学 全学自治会




②アメリカの仲間から

法政大学の活動家に対する政治弾圧の即時中止を求める声明

法政大学で闘う学生のみなさんへ

私たちは先日、法政大学当局が、もっとも基本的・民主的な権利のために、そして教育の民営化に反対して闘う学生に対する政治弾圧にまたしても手を染めたことを知りました。
私たちはこの弾圧を弾劾するとともに、退学処分を受けている法政大学文化連盟委員長の齋藤郁真くん(法学部)、そして停学1年間の処分を受けている文化連盟メンバー・全学連副委員長の倉岡雅美さん(人間環境学部)を全力で支援したいと思います。
 私たちは、法政大学理事会に2人へのあらゆる攻撃をやめ、これらの受け入れがたい処分をただちに撤回するよう求めます。さらに私たちは、2人をただちに復学させること、そして表現の自由や集会の自由、その他の民主的な権利をすべての学生と教職員に保証することを求めます!

 ここカリフォルニア大学バークレー校で私たちもまた、運動に対する破壊的な弾圧に直面しています。大学当局は、学費の高騰やレイオフ、学内で進められる民営化に反対するストライキや占拠闘争の先頭にたった学生を狙い撃ちにしています。OSC(学生管理オフィス)は正当な手続きなしに学生のもっとも基本的・民主的・政治的な権利を侵害し、「キャンパス・ライト・プロジェクト」を組織していた法学部生を懲戒処分にしました。NLG(全米法律家ギルド)とACLU(アメリカ自由人権協会)は、OSCのこのやり方を公式に弾劾しました。実は、さらに多くの学生たちが1年間の停学処分を下されようとしています。私たちはこれを阻止しなければいけません!
 仲間のみなさん、私たちの大学において、政治的自由も他のいかなる民主的権利も保証されていないことは明白です。なぜなら、大学における現在の民営化計画に反対の声をあげようと思えば私たちは組織的な脅迫をうけ、抑圧されるからです。権力者やそれに迎合する連中にのみ適用される「自由」とはいったいなんなのでしょうか?

 だからこそ、私たちは団結して闘わなければいけません。なぜなら、私たちは同じ問題-抑圧的・非民主的で民営化賛成の、自薦の大学当局- の結果に直面しているからです。
そして、私たちの目標も同じだからです。それは、世界中の大学を自由で民主的な公共の
ものとすること、さらに、私たちから雇用と教育を奪おうとする連中を政治的に打倒する
ことです。
 私たちは、あなたがたが民営化との闘いを進めるにつれてますます激しくなる弾圧と闘っていることを知りました。2つの攻撃は同じ問題の表現です。すなわち、私たちが生きている退廃的な資本家の社会です。そして、私たちは同じ力と決意とをもってそれらと闘わねばなりません。

 ゆえに4月23日、私たちはここカリフォルニア大学バークレー校から誇りをもってあなたがたの闘いに参加し、こう叫びたいと思います。
「すべての不当処分を撤回せよ!」
「監獄大学法大を解放しよう!
「国境をこえた労働者・労働者の団結で教育の民営化を阻止しよう!」
“Whose University? Our University!”

学生・労働者の闘いにおける国際連帯のために


カリフォルニア大学バークレー校 院生組織委員会
SWAT (Student Worker Action Team)
カリフォルニア大学バークレー校 “What’s Next” Committee

4・23闘争断固打ち抜いたぞ!!

法政大学 学生運動
04 /23 2010
警察権力の妨害・弾圧を完全に粉砕し、新入生を先頭とした法大生との圧倒的な団結を生み出しつつ本年度最初のデモを断固打ち抜きました! 大勝利です!! 沿道などからもかなり反応があり、2010年法大決戦勝利への展望を切り開くものとして本日の闘いの勝利性を圧倒的に確認しよう!!
4・23闘争の勝利からさらに「不当処分撤回」「ヤクザ部隊追
放」の巨大な声をあげていこう!!


23日昼休み、外濠校舎一階の写真

法政大学 学生運動
04 /23 2010

デモ貫徹!!

法政大学 学生運動
04 /23 2010

市ヶ谷駅を通り

法政大学 学生運動
04 /23 2010
防衛省通りを経て再び法大へ!!


総長室を直撃し、靖国通りをデモ中

法政大学 学生運動
04 /23 2010

デモ中!!

法政大学 学生運動
04 /23 2010

デモ出発!!

法政大学 学生運動
04 /23 2010

発言次々!!

法政大学 学生運動
04 /23 2010

警察権力が「集会をやめろ」と不当弾圧!!

法政大学 学生運動
04 /23 2010
徹底抗議して撤退させました!! 大勝利!!

次に文化連盟副委員長・恩田君!!

法政大学 学生運動
04 /23 2010
学生証チェックを徹底弾劾!!
「我々は新入生と連帯するぞ!!」


学生注目!!

法政大学 学生運動
04 /23 2010
始まりました!! まず文化連盟委員長・齋藤君よりアピール!! 「キャンパス中央封鎖を徹底弾劾し、自らにかけられた退学処分を粉砕しよう!」とアピール!!


外濠公園に

法政大学 学生運動
04 /23 2010
学友も続々と結集!!


いよいよ

法政大学 学生運動
04 /23 2010
始まります!!
圧倒的戦闘的デモを貫徹しよう!!


3・14法大弾圧を許さない法大生の会

FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。