FC2ブログ

緊急告知! 10・1法大デモやります!

法政大学 学生運動
09 /28 2008
 10月1日法大デモやるぞぉー! 処分阻止!、10・17法大1千人集会に向けて、学内をガンガン盛り上げていくために、波状的連続的にデモをやります! 今度のデモは、いつものデモとは違います。アッと驚くシカケがキャンパスに衝撃を与えること間違いなし! (おっとこんなことを書くと、大学当局が警戒しそうですが)

 10月の一発目、平日の昼間ですが、結集をお願いします!



 第5波法大包囲デモ



 10月1日(水)

 

 12時40分 昼休み集会

 13時20分 法大正門前からデモSTART!

スポンサーサイト



明日29日、5・29弾圧裁判始まる!

法政大学 学生運動
09 /28 2008
 いよいよあの5・29デモ弾圧裁判が始まります! 14人の被告団は2グループに分かれ、裁判を闘います。明日の第1グループは、法政大被退学処分者の内山君、内海君ほか5人が元気に出廷し、意見陳述を行います! ちょうど4ヶ月ぶりの登場です! 午前中の公判なので、遅刻しないように結集してくださいね!

 この間の裁判報告はこの3・14の会ブログでは書けていません。救援会のホームページでフォローしていますんでそっちを見てくださいね。http://www.geocities.co.jp/houdaikyuuenkai/index.html

 5・29法大デモで起訴された14人の大裁判闘争が始まる!







我らが、内海君が4ヶ月ぶりに登場!

シール投票始まる!

法大キャンパス
09 /28 2008


 26日金曜日より、「処分されるのはどっちだ?!」シール投票が開始されました。06年にも「シール投票」をやりました。その時は、久木野・友部vs平林総長でしたね。今回の敵は、あの「ジャージ軍団」! 強面を並べた写真の看板には迫力がありますね。

 立て看板を立て、休み時間にシール投票を訴えた。すると…







 出た、学生センター木原、その手下近藤! 何かといちゃもんをつけるコイツら! 法政大は、今度は選挙権も奪うのか?!



 シール投票の開始早々、ジャージに処分のシールが貼られております。みなさん、シールをバシバシ貼っていきましょう!みなさんもキャンパスに来てシールを貼ってって下さい!

今日のジャージ部隊

法大キャンパス
09 /24 2008




 後期になってもジャージ軍団は、法政に居座っています。今日は、路上にも出てきて、ビラ撒きを妨害するジャージ!

 写真(上)の後、いきなり学生の首を絞めてくるジャージ軍団の伊藤(写真・中央)







 ガンガン抗議するとあのジャージ軍団のトップ佐藤友彦総務部次長が。言葉に窮した佐藤は、



 「ここは天下の公道だ!」



 と居直っていました。「公道なら何をやってもいいのか?!」と。お前は何者だ?佐藤!

 「俺には応援団がついているんだ」「この無職!」と珍妙な言辞を吐きまくる佐藤。今度は何を言うのか?









斎藤・倉岡への処分を許さない!

法政大学 学生運動
09 /24 2008
 後期開講冒頭から、斉藤郁真君(文化連盟委員長)と倉岡雅美さんへの「処分」が狙われています。すでに、教授会からの「呼び出し」も始まっています。2人への処分理由は「逮捕されたこと」や、「キャンパス中央で拡声器を使用したこと」などとされていますが、そんなデタラメな理由で2人をキャンパスから追放することなど絶対に認められない! 倉岡さんの「逮捕」は、キャンパス前を歩行中に公安刑事に突然拉致されたでっち上げ弾圧であり、不起訴釈放されて彼女の無実は明白です。そしてそもそも、学生が自分のキャンパスで拡声器を使って学生に訴えたことが何で「処分」の理由となるのか! ふざけるな!



 2人はなぜ「処分」されようとしているのか?



  理由はただ一つ、文連(文化連盟)として法大当局の学生支配と弾圧に真っ向から抗議し、闘っているからです。法大当局は今年4月から学友会を廃止し、文連など学生自治団体もすべて非公認にしてきました。しかし文連はそれを認めず、誇り高く旗を守り続けています。そして斉藤君は、5月末の学生38人逮捕という前代未聞の大弾圧に対して、170時間の断食ストライキをうちぬきました。

 文連の存在がある限り、法大当局の学友会廃止の悪行は弾劾され続ける。だからこそ、法大・増田総長や法・人環教授会は自分たちの不正義を居直り、覆い隠すために斉藤君と倉岡さん、そして文連そのものをキャンパスから追放しようとしています。法大当局の学生支配に異を唱えることそのものを「犯罪」として、得手勝手な「ルール」なるものをつくり、抹殺しようとしています。これが、「処分」の本質です。

 学友会を廃止して当局がつくった「サークルサポーター会議」の惨状を見てほしい。サークル員の権利を売り渡し、当局の言いなりになり、自主法政祭もズタズタにして、まさに百害あって一利なしです。文連があり、キャンパスで学生が宣伝活動をやる、こんなことは法大では当たり前、学生がキャンパスの主人公であれば、まったく何の問題もないのです。

 斉藤-倉岡処分とは、文連が「一人の仲間も裏切らずに闘っている」ゆえの「処分」です。だからこそ全法大生は「処分」を阻止して、キャンパスを学生の手に取り戻そう!



いったい何度目の「処分」なのか!

 これ以上の法大当局の暴挙は許さない
!



 06年3月以来の2年半で、実に88人の逮捕と22人の起訴! そしてそれと平行して、内山君、内海君、中島君、友部君への「退学処分」、久木野君への「無期停学処分」、さらに恩田君(文連副委員長、文4年)への「2週間の停学処分」。さらに今回は斉藤君と倉岡さんへの処分策動。

 逮捕・起訴だけでは学生の団結を崩せないと見るや、あとはひたすら処分、処分の乱発! いったいいつまでこうした学生支配を続けるのか! 逮捕と処分でしか学生を支配できない法政大、暴力で学生を脅しつけることでしか維持できない法政大、学生が団結していることそのものを「罪」とする法政大。こんなのは大学でもなんでもない、まさしく「監獄」です。

 悪の元凶は誰だ! ジャージを着込む暴力集団の徘徊を許しているのは誰だ! 60台の監視カメラで24時間学生を盗撮しているのは誰だ! 授業料を上げまくって学生から金をむしりとっているのは誰だ! 学費値上げに反比例して授業をくだらなくし、大学の誇りに泥を塗っているのは誰だ! 学祭を金儲けにして、つまらなくしているのは誰だ! すべて法大当局、こいつらは処分と逮捕で学生を恫喝することしかできない。もう我慢も限界。これ以上の暴挙に対し、学生が黙っていると思ったら大間違いだ! 反撃に立ち、「処分」を粉砕しよう!
(24日付ビラより)

ボアソ前にも有刺鉄線が

法政大学 学生運動
09 /24 2008


 後期になって、ついに法政大学に「有刺鉄線」が張られました。ここは、刑務所かと。まさに、「監獄大学」といったところでしょうか? 

9・22開講日デモ貫徹!

法政大学 学生運動
09 /23 2008

 後期一発目のデモ! 処分阻止へ意気高くキャンパスに登場!

昼休みから正門は完全封鎖!





開講日初日から学生センター長・木原はじめ職員との激突!





雨にも負けず総長室へデモを開始!





総長室前では、熱いシュプレヒコールをあげた!

 


〈倉岡雅美さんの開講日アピール〉


 私は、4月から「法大のあり方をひっくり返そう」「ストライキをしよう」とビラをまき、教室にも行き、サークルを回って訴えてきた。ビラを撒く&受け取る学生を弾圧するジャージ部隊と木原(学生センター長)からは、暴力的にビラを強奪されるとともに「退学処分にする」「教授会にかける」と弾圧されてきた。

 私は、5月29日の第2波法大包囲デモの前日の5月28日に正門前で公安警察何十人にも囲まれ「公務執行妨害」をでっちあげられ不当逮捕された。逮捕時には学生センター前の喫煙スペースから木原と近藤(学生センター職員)が笑って見ていた。この日、逮捕があることを当局は知っていたのだ。おかしいことに「おかしい」と声を上げる学生、批判的な学生、政治的な学生を見せしめとして逮捕して処分していく-法大当局が06年からやってきたやり方だ。その数は2年半で88人の逮捕、22人の起訴、6人の退・停学処分者。逮捕して、退学処分にして、最後はジャージ部隊によって暴力的に叩き出していく。これが増田総長の言う「自由で何でもできるキャンパス」なのか?

 22日間の勾留のうち、釈放された6月18日には釈放の1時間後に、学務課から事情聴取の電話があり、翌日キャンパスに来たら事情聴取するという。何が事情聴取だ!? お前らが逮捕したんじゃないか! 当局は私を処分したくて仕方がなかったのだ。すぐさま文連の仲間が抗議集会や教授会に抗議文を提出するなど、処分策動に一緒に立ち上がってくれた。他にも友人も顔も知らない人から「がんばれ」や処分を許さないの寄せ書きも書いてくれた。その一方で、人環の教授は「法政をやめろ」「公安だって法政でメシ食ってるんだ」と平気で言い放ってきた。ふざけるのもいい加減にしろ! 不当逮捕された学生の前でよくもそんなことをが言えるな! これが教授の姿かよ!? キャンパスの中に警察権力が突入してくる、ジャージ部隊の存在には一言も声をあげず、見て見ぬふりをする教授連中。こんな奴らに私を処分する正当性は1ミリも存在しない。声をあげる学生を暴力的に叩き出し、見せしめ的に弾圧する一方で、サークル規制、学生ホールの解体、学費値上げ、学祭の縮小…。学生の居場所がドンドン奪われていく。ジャージや警察による大学支配なんてぶっ壊そう! 10・17法大解放集会で力関係をひっくり返そう!

 


9・22開講日デモへ!

法政大学 学生運動
09 /21 2008
 9月22日、いよいよ08年法大決戦後半戦が始まります! 前半戦は、5・28-29弾圧、7・24弾圧と合計41人の逮捕者、19人の起訴攻撃を受けながら、7・24集会の大成功を勝ち取って締めくくりました。後半戦は、処分粉砕闘争を軸に、10・17法大1千人集会を勝ち取るぞ! 9月17日をもって、倉岡さんの処分阻止闘争がますます決戦に入ってきています。絶対に処分を阻止しよう! ぜひ多くの仲間のみなさん! 

開講日に気合いを入れるデモをやりましょう!



処分粉砕! 弾圧を許さないぞ! 10・17法大集会勝利!

 9・22第4波法大包囲デモ



 9月22日(月)13時20分 法大正門前出発!





※写真は、6月20日のデモ

倉岡さんの処分阻止! 一日行動

法大キャンパス
09 /18 2008


休み期間中は全開だった正門が突如封鎖!





教授会に対し「処分阻止!」の演説を開始!





不当処分への怒り!人環教授に対し抗議! 熱くアジる倉岡さん







妨害に来た学生部・近藤、浅見。休み期間だからか迫力は全くない!



飯田橋西口にも登場!



























法大生の訴えに圧倒的注目。ビラはけもよかったです!



★教授会の結果



 倉岡さんの処分問題については、話し合われたが結局、結論は出ず。次回に持ち越しになりました。9月の処分は、一旦阻止しました。まだまだ処分攻防は続きます。キャンパスでの処分粉砕闘争の爆発で、処分を完全に阻止しよう!

9・17倉岡処分絶対阻止!

法政大学 学生運動
09 /15 2008


 9月17日、人間環境学部で倉岡雅美さんの処分がかけられようとしている!絶対阻止だ!

 法大当局増田体制は、「大学は自由でなんでもできる」とウソぶき、一方で処分をもってキャンパスから叩き出そうとしている! 前回の教授会では、梶教授を先頭に弾圧に躍起になってきた。後期開講からのキャンパスの闘いを恐れて、教授会で一気に処分しようとする人間環境学部!絶対に許せない! 17日にはキャンパスに大結集しよう! 処分粉砕を叩きつけ、10・17法大キャンパス大集会を大爆発させよう!



★倉岡処分阻止! 一日行動



 9月17日正午、市ヶ谷キャンパス正門前集合



14被告の5・29弾圧裁判の日程決まる!

法政大学 学生運動
09 /06 2008
いよいよ、5・29法大デモ弾圧裁判の公判がスタートする。公判は、被告14人のうち7人ずつを2グループに分かれて行われる。第一グループは、9月29日と10月6日、第2グループは10月16日の公判。初公判では、全員意見陳述行います! ぜひ結集を!



●5・29デモ弾圧裁判・第1グループ



 内山佳久、内海佑一、山本進、後藤玲子、中島敦史、野地川泰介、原田幸一郎





第1回公判 9月29日(月)午前10時~12時 

第2回公判 10月6日(月)午前10時~12時



●5・29デモ弾圧裁判・第2グループ



 田中藤男、中村真之、本山隆介、仲井祐二、金子悠太、松室しをり、坂野陽平



第1回公判 10月16日(木)午後2時



いずれも東京地裁429法廷

開廷1時間前に地裁傍聴券配布所に集合を!





 

新井君・中島君が堂々の意見陳述!

法政大学 学生運動
09 /06 2008
 8月29日、新井君・中島君が元気に出廷! 新井君は、世界情勢から、本件の弾圧を革命に向けての政治弾圧であることを明らかにし、中島君は大学当局・ガードマン支配による積年の怒りを爆発させた!

3・14法大弾圧を許さない法大生の会

FC2ブログへようこそ!